【スマートなバーベキュー火起こし器】チャコスタ(チャコールスターター)を使おう!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

バーべキューの火おこしを簡単にしてくれるアイテムはいくつもありますが、その中でも最も簡単につけられるアイテムをご存知ですか?それが「チャコールスターター」という魔法のアイテム!その仕組みやメリットを解説します!

チャコールスターターの仕組み

チャコールスターター(別名チムニースターター)は、煙突のような形をした火おこし器です。

どうしてこれで簡単に火おこしができるのかというと、煙突効果を上手に利用しているからなのです。チャコールスターターを利用する場合は、チャコールスターターの底部に着火剤を設置して、そのうえに炭を積み上げて着火します。
こうするとチャコールスターターの底部から暖められた空気が上昇していき、それと同時に下部にある隙間から内部に酸素が取り込まれていきます。
だから、うちわで扇ぐなどの面倒なことをしなくても、勝手に炭に火がついてくれるのです。

チャコールスターターのメリットその1「簡単に火がつく」

チャコールスターターを利用するメリットはとにかく簡単に火がつくことです。あくびがでるほど簡単にできてしまいます。着火剤と炭をセットしてあとは着火するだけですからね。

また、特に活躍する時は、炭に火がつかない時!具体的には、風が強い日や海辺などでバーベキューやキャンプをする時です。
煙突効果が効果的に作用して強い火力が発生するため、簡単に火がつくんです。普通のつけ方だと難しくても、チャコールスターターがあれば簡単!なんてことも。

チャコールスターターのメリットその2「火おこしの待ち時間が少なくなる」

他にも「火おこしの待ち時間が少なくなる」という点があります。バーべキューを長時間続けていると、途中で火力が弱くなって炭を継ぎだすという場面がよくあります。
しかし、「火力が弱くなったな。」と気付いてから炭を継ぎ足しても、炭にすぐに火がつくわけではないので、少しの間火力が強くなるのも待つ必要が出てきます。

しかし、事前にチャコールスターター置き場を作っておいて、バーべキューの最中も定期的に炭を熱しておくことで、常に熾火状態の炭を利用することができます。

これなら火力が弱くなった時でも安心ですよね。

チャコールスターターの使い方!

さて、「チャコールスターターは簡単!簡単!」と言ってきましたが、実際にどのくらい簡単に使用できるのか実際の手順も紹介したいと思います。
用意するものは、次の4つです。

・チャコールスターター
・炭
・着火剤
・ライター

1.炭をチャコールスターターにセットする
チャコールスターターの上部から必要な量の炭を、少し隙間をあけて入れます。

2.着火剤に火をつける
グリルの上に着火剤をおいて、ライターで火をつけます。

3.チャコールスターターを着火剤のうえにおいて、10~15分待つ
火が付いた着火剤のうえにチャコールスターターをおいたら、あとは10~15分程待てば、煙突効果で炭が熾火状態になります。

4.グリルに炭を移動する
炭が熾火状態になったのが確認できたら、後はグリルに炭を移すだけです。

チャコールスターターの使い方はこれだけです。製品によっては多少使い方に違いはありますが、これが基本。
これなら誰だって簡単に火おこしができちゃいますよね!

火おこしに自信がない。もっとはやく火おこしを成功させたい。
そんな風に考えている人は、ぜひ一度魔法のアイテム、チャコールスターターを利用してみてはいかがでしょうか。

スノーピークやウェーバー、Colemanなどの有名メーカーから、安いものでは2,000円ほど。高いものは2万円弱で購入できます!

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ