ブッシュクラフトとは?最低限必要な装備もご紹介!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

この記事では、ブッシュクラフトとは一体どんなことか、ブッシュクラフトを行なうえで必要最低限の装備をご紹介します。「ブッシュクラフトってなに?」「ブッシュクラフトに興味あるけど、何が必要なの?」そんな疑問を抱いている人も多いでしょう。そこで、ブッシュクラフトについて詳しく解説し、ブッシュクラフトの特徴や基本スキル、ブッシュクラフトを行なう際に最低限必要な装備をご紹介します。

ブッシュクラフトとは?

fire-2573586_1920
ブッシュクラフトのブッシュというのは英語で「茂み」という意味があり、クラフトは「工作」という意味があります。組み合わせると、「茂みの中で工作」ということになりますが、あながち間違いではありません。山などの自然の環境下(ブッシュ=茂み)で、最小限の装備で生活をしていく(クラフト=工作)のに必要な生活の知恵の総称を「ブッシュクラフト」と呼んでいるのです。

では、同じようなスタイルに「サバイバル」という言葉がありますが、どう違うのかはあまりピンッときませんよね。サバイバルの目的は、生還することですが、ブッシュクラフトは生活することです。目的が異なることで、呼び方も変わるんですね。

「普通のキャンプでも十分に自然の中で生活しているよ!」という人もいるでしょう。ブッシュクラフトというのは普通のキャンプに比べると、より自然を身近に感じられるスタイルなので、今ではアウトドアスタイルの一つとして「ブッシュクラフト」と呼ばれています。

発祥の地は北欧がメッカとされている

nature-2017272_1920
ブッシュクラフト発祥の地は北欧と言われております。林業と木工文化が盛んだったことや、寒い地域が多いので、火をおこすことや焚き火に関しての知恵や技術が多く蓄積、発信、受け継がれていたのです。

実際に考えてみると、今のように快適に使えるギアなどないころ、寒冷地に住んでいた昔の人たちはどのように暮らしていたのでしょうか。答えは生活の知恵にあります。寒い地域だと家(シェルター)の中を暖めるのに、焚き火が必要になりますよね。焚き火をするにしても、火をおこせなければ始まりません。暖かい熱を保つシェルターの造りにも技術が必要です。そういった生活に必要な知恵を習得し、生活していたのです。そして、北欧の寒冷地の人たちは、ブッシュクラフトに必要な知恵を蓄積して発信していきました。

しかも、北欧には未だ多くの自然が国民に開放されているので、自由度の高いアウトドアが行なえるようになっています。釣りはもちろん狩猟がしやすいので、現地でも食料調達が可能になっております。このスタイルは、ブッシュクラフトを取得、発信するうえでとても良い環境が整っているといえるでしょう。

少し話がそれましたが、発祥の地は北欧とされています。

しかしブッシュクラフトというのは、自然の中で必要最小限の装備で生活する知恵の総称ですが、よく考えると人類が生まれて文明が築くのには、ブッシュクラフトは欠かせないものということが分かりますよね。なのでアウトドアのブッシュクラフトというスタイルの発祥の地は北欧ですが、もともと人類が生活していた世界各地で、その地域に合った知恵や技術(=ブッシュクラフト)が確立されていたということも頭に入れておくと良いです。

ブッシュクラフトの大きな3つの特徴

inspire-2223128_1280
ブッシュクラフトというのは、「これをしなきゃブッシュクラフトと言えない」というような定義はありません。それもそのはず、生活スタイルは人によって変わりますよね。それでもブッシュクラフトの大きな特徴が3つありますのでご紹介します。

火打石と火打金のセットもしくはメタルマッチを使う

sandis-helvigs-175217-unsplash
現代では着火するときにライターを使う人が多いと思いますが、ブッシュクラフトを行なうのであればライターではなく、火打石と火打金のセットもしくはメタルマッチを使って着火することが特徴としてあげられます。最近では「フェザースティックにメタルマッチで着火し、火を大きくして焚き火をすること」がブッシュクラフトの定番になりつつあります。

ブッシュクラフト用のナイフを使う

One of our big selling knives in US, the Companion Black #morakniv #cecretlake

Moraknivさん(@morakniv)がシェアした投稿 -


ブッシュクラフト用のナイフを使うことが特徴として挙げられます。なぜブッシュクラフト用のナイフなのかというと、すべてにおいて使えるナイフではないと対応することができないからです。

たとえば家にある包丁を持っていたとしましょう。その包丁で食材を切ることはできますが、薪を割ることはできませんよね。しかし、ブッシュクラフト用のナイフは、とても頑丈な造りをしているので、薪を割ることも可能なのです。

使っているうちにブレードが切れなくなったときのために、研ぎやすい素材を使っているのもブッシュクラフト用ナイフの特徴ですよ。

材料を現地調達!上級者になると幅が広がる

eddie-kopp-268600-unsplash
材料はできるだけ現地調達をするのが特徴です。ですが、初めての人がブッシュクラフトを行なうと、自然の中にあるものでどれが食べれるのか分かりませんよね。しかしブッシュクラフトの上級者にもなると、食材はもちろん、シェルターまで現地で作り生活している人もいるんですよ。

ブッシュクラフトを行なうときは、より知識・経験がある方が現地調達しやすくなるということが分かりますね。

ブッシュクラフトの基本スキル

fireplace-1548786_1920
ブッシュクラフトの基本的なスキルとされているのが、焚き火です。この焚き火も、ライターを使うことなく、火おこしから始めます。最もポピュラーなアイテムとしてメタルマッチがありますが、初心者の人は万が一メタルマッチでつかなかったときのことを考えて、ライターや着火剤などを用意すると良いでしょう。火おこしから焚き火まで順を追ってご紹介します。

①焚き火に使用する十分な量の薪を確保する。
②着火に必要な火口を用意しましょう。
※着火しやすいのは、乾燥した植物性の繊維です。ススキの穂や枯草などが代用できますよ。
③炊きつけとして、フェザースティックを作ります。
④メタルマッチを使って、火口に着火させましょう。
⑤無事に着火したら、焚きつけに火を移します。
⑥焚きつけに火を移すことができたら、最終的に大きな薪に火を移し安定して燃焼させましょう。
⑦火が安定して燃焼したら、ブッシュクラフトの焚き火の成功です。

木の枝を使って箸をつくる

焚き火の次に基本スキルとされているのが、丁度よいサイズの木の枝を見つけて、ナイフで削り箸を作ることです。子どものころなど、カッターで鉛筆を削ったことはありませんか?そのように削っていき先を細くして箸を作ります。

ブッシュクラフトを行なうときに必要な装備

hiking-2104535_1920
ブッシュクラフトを始めたい!と思っても、どんな装備を用意したらいいのか分かりませんよね。ブッシュクラフトを行なっている上級者の人は、ナイフ一本で生活している人もいますが、はじめからそういうスタイルは到底厳しいです。そこで今回は、最も初心者向けのブッシュクラフトを行なうときに必要な装備をご紹介します。人それぞれ「必要」「不要」と感じるものがあると思いますので、ご参考にしてくださいね。

ブッシュクラフト用ナイフ

lum3n-187468-unsplash
上級者の中には、ナイフ一本でブッシュクラフトをしている人もいます。それほどブッシュクラフト用のナイフは必要不可欠ということが分かりますよね。ブッシュクラフト用のナイフは必ず持ちましょう。

メタルマッチ

dan-gold-207219-unsplash
メタルマッチを使わないで火をおこすことも可能ですが、初心者の人はまずメタルマッチから始めるのがおすすめです。そのため、メタルマッチは必ず持って行きましょう。メタルマッチに慣れると初心者でも簡単に火花を散らすことができますよ。

クッカー

teddy-kelley-88356-unsplash
日本でブッシュクラフトを行なうときに竹がある地域であれば、竹を切り(※確認必須)、クッカーとして利用することもできますが、竹がない地域はうまくいきませんよね。そのときは無理をせずに、クッカーを持って行きましょう。ちなみに、北欧のブッシュクラフターはクッカーの鍋部分だけを持って行き、ハンドル部分を現地調達している人もいるそうですよ!

テント

dino-reichmuth-97252-unsplash
寝床を確保するために必要なのがテントです。初心者の人がはじめから山にあるもので、シェルターを作ることは控えた方が良いです。上級者になると、山の中で道具となるものを集めシェルターをつくる人もいますよ。これはかなりの上級者ではないとできないですが、ブッシュクラフトにハマったときには目標にしても良いでしょう。

寝袋

jake-sloop-276546-unsplash
寝るときに必要な寝袋も持って行きましょう。朝晩の気温差が激しい地域は必須ですよ!

ライター※予備

yevgeniy-gradov-72187-unsplash
万が一メタルマッチを使っても火をおこすことができなかった場合に予備として持って行きましょう。ライターを持って行かない人もいますが、初心者の人からすると不安になりますよね。万が一のときに備えてライターは必要ですよ!

あったら便利なアイテム

jens-johnsson-78101-unsplash
ここでは、初心者の人でもあったら便利と思うアイテムをご紹介します。

●浄水器
●ファットウッド

飲める水が湧いている場所を選ぶのであれば問題はないのですが、なかなかそううまくいきませんよね。日本の地域の中でも、特に北海道はエキノコックスに注意しなければいけません。では、「もともと水を持って行ったけど、予想以上に消費してしまった!!」そんなときに、浄水器が便利です。川で汲んだ水を浄水器に通すだけで、ろ過ができて飲料水を作ることができるのです。ちなみに、浄水器は災害のときにも使えるので、用意しておくと良いでしょう。

ファットウッドというのは、樹脂を多く含んだ木片であり着火剤として使うことができます。なかなかうまく火をおこせないときに、ファットウッドを使ってみましょう。市販で販売されている着火剤でも良いですが、よりナチュラル思考で考えると、ファットウッドが最適でしょう。ご自身で採取しても良いですし、アウトドアショップでも購入できますよ。

日本でブッシュクラフトはできるの?

nature-3142302_1920
ブッシュクラフトは人気のない山など自然の中で行ないますが、日本でできるのでしょうか。実は日本の土地すべて所有者がいますので、無許可で入ることはできません。そのため、ブッシュクラフトを行ないたい山などが決まったら、かならずその土地の所有者に許可を得るようにしましょう。

どうしても許可をもらえなかったり、場所探しができなかったりする場合は、人の少ないキャンプ場を選ぶと良いですよ。木を切るなど手を加える場合は、必ず確認してからにしてくださいね。

ちなみに、日本には「日本ブッシュクラフト協会」というブッシュクラフト専門団体があります。ブッシュクラフトを行なうイベントやツアーなども企画していますよ!

おわりに

ブッシュクラフトというのは、最小限の装備で自然(山など)で生活する知恵の総称といわれていますが、現代ではアウトドアのスタイルとして「ブッシュクラフト」といわれるようになっています。自然の中で最小限の装備で生活することってなかなか難しいと感じますが、ブッシュクラフトを行なうからこそ、普段の生活がいかに快適になっているのかということに気づくことができます。ブッシュクラフトを通して、より自然の素晴らしさを味わいましょう!

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ