キャンプサイトのレイアウトのコツ

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

テントサイトのレイアウトは、キャンプ事情によりさまざま。今回はレイアウトを考えるときに使えるちょっとしたコツをお伝えします。

駐車場所を選べる場合は、風上か東側に設置

駐車する場所を選べる場合は、車を風よけに使うと色々と便利なので、風上に車を駐車するのがおすすめです。また、視線よけにしたり朝日を遮りたい場合は東に止めたりすると有効です。

テントとタープを連結し、タープの横にテントを設置

タープの下は、家の中でいうリビングとして過ごすことが多いと思います。なので、連結しておけば急な雨でもテントに入ることができます。

また、設営の際に設置する順は、最初にタープをたててからテントをたてる、という流れがおすすめです。タープの下にチェアやテーブル、クーラーボックスなどを配置できますし、一息つく場所が確保できます。また、設営中に雨が降っても対応できます。タープとテントの動線を考えて、テントの入り口にタープを設置するようにしましょう。

テントは小石などがない場所へ設置

テントでの寝心地は大事なので、設置するときにゴツゴツしてないかよく確認しておきましょう。いざ夜になって小石や地面の固さが気になっても夜に立て直すことはできません。また、テントは、風下や通路から離れた場所にすると落ち着いて眠れます。風による音や人が通る音が少なく静かです。

By: Michel Kalff

キッチンは、タープやテントと離れた場所に

タープの真下にキッチンがあれば便利ですが、タープやテントの生地は火に弱いですし、もしものときは大変危険です。
タープの下は、テーブルセットを設置し、キッチンは少し離れた場所に設置します。作業効率を考えながら、コンロやテーブルなど高さを揃えたり、調理をするときの流れを考えておくと快適です。リビングとの動線もスムーズにできるようイスの配置も工夫し、自分たちに合う最適なレイアウトが見つけましょう。

大人数の場合

6人以上の大人数で楽しむ場合は、タープの下はテーブルを並べると、それだけでスペースがなくなってしまいますので、2つのタープと大きめのテントにしたり、テントとタープを2つずつ設置したりします。その場合、レイアウトもテントの入り口同士をつなげるように設置するのがおすすめです。行き来ができるため、子どもがいる場合は喜びます。また、タープもやはり隣同士にして連結させた方が、リビングのスペースをより大きく使えますので便利です。

サイト内が狭い場合

サイトのスペースがあまりとれない場合は、キッチンテーブルと加熱調理をするコンロの場をL字型するのもおすすめ。また、小さい子どもがいる場合は、タープ下やテントを見渡すことができるように、対面式のキッチンになるようレイアウトをすると調理しながら子どもに目が行き届きます。

おすすめはロースタイル

イスやテーブルを設置する場合、高さが同じものが快適です。高さはなんといっても低めがおすすめ。ぜひ、これから新調したりレンタルをする場合は低めのものを一度試してみてください。タープの下での空間がより広く感じますし、子どもも高齢者も座りやすく安心です。また、低い分、足部分のパイプがないので荷物も少なく軽くなり持ち運びに便利です。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ