【テント簡単お手入れ方法】キャンプに使ったテントの洗い方って?

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

みなさんテントのお手入れってどうしていますか?実は、キャンプの終わりごろに、きちんとテントをお手入れするだけで、より長くいい状態で使用することができるようになるんですよ。そこで今回は、テントのお手入れ方法についてご紹介していきたいと思います。

テントのお手入れ方法

bb29d0bd0a2043fc0e1bb0dc0d3df7e8_s
テントのお手入れ方法はずばり「乾かすこと」です。なので、キャンプ場などから撤収する1~2時間前くらいからテントをしっかりと乾かしていくのがポイント!テントを横に倒して、風通し・日当たりのいい場所に置いて乾かすか、テントを裏返しにして、木の枝やチェアにかけて乾かしていくのもおすすめ!

しっかりと乾いたのを確認したら、汚れを手で叩いて、落としていきましょう。しっかりと乾いていれば、ある程度の汚れは叩いて落ちます。乾かさずにそのまましまってしまうと、カビが発生したり衛生的に良くありませんので、乾いたのを確認してから片づけましょう。きちんと乾かすことで次使うときに、カビ臭くなったりせず気持ちよく使用することができますよ。

汚れが気になってきた場合

ebda6562e3da3eb5ae9d8beda75a09e3_s

手で叩いて汚れを落としていきますが、使い続けているとどんどん汚れが目立ってくると思います。そうなった場合の汚れの落とし方です。注意してほしい点が、洗濯機で洗ったりしないことです。洗濯機で洗ってしまうと、テントについている撥水・防水加工が落ちてしまい、劣化の原因となってしまいますよ。汚れの落とし方は、中性洗剤を水に薄めて、雑巾で拭くこと。これで綺麗に汚れが落ちます!ちなみに、テント用の洗浄剤も発売されています。拭き取っても汚れが気になる場合は、思い切って専用の洗剤でテントを洗ってみるのもおすすめ!ただ、ゴシゴシ洗ったりしてしまうと、撥水や防水加工が落ちてしまうので、優しく手洗いをしていきましょう。

ご自身で洗うのは、ちょっと不安…と思っている人は、プロの手に任せちゃいましょう!テントクリーニングというサービスがあって、クリーニング会社にもよりますが、大体のところはテントの汚れを落として、撥水加工、UV加工、乾燥の工程を行ないます。お値段は4000円~1万5000円程度。テントの種類や大きさにもよって異なるので、事前に確認した方が良いですよ。

おわりに

いかがでしたか?今回は、テントのお手入れ方法についてご紹介しました。ご自身でお手入れする方法と、プロの手にお任せする方法などあります。ご自身でお手入れして、汚れが落ちなくなったり撥水加工が弱くなってきたときに、プロの手にお任せするのも良いですね。自分でお手入れすると、よりテントに愛着がわいてくるので、自分とテントのために、綺麗にお手入れして保管してあげましょうね。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ