【雨の日対策】初めての雨天キャンプで気をつける設営場所・タープ・その他

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

楽しみにしていたキャンプですが天気予報とにらめっこ。何度見ても雨の予報にがっくりなんて経験ありますよね。キャンプ初心者にとっては雨キャンプは未知の世界です。そこで今回は雨の日のキャンプの基本をご紹介します。

天気予報をしっかり確認

最近はアプリなどでピンポイントの天気予報を確認することができとても便利です。日程が決まったら天気予報をいつでもチェックできるよう登録しておくとよいと思います。警報等が発令されている場合は中止するという選択をしてください。

設営場所選びは慎重に

IMG_1087

雨天の設営で注意してほしいのが雨水の流れと水はけです。芝生のサイトは設営場所を決めたら芝生の浮きがないか歩きながら確認してください。芝生が浮いていると水はけが悪いので、歩くたびに雨水が上がってきてしまいます。雨あしが強くなるとあっという間に水たまりになってしまいます。

砂地のサイトでは雨水の流れが確認できるので設営の参考にしてください。また、テントの周りに雨水を流す溝を掘っておくとテントやタープ内の水の侵入を防ぐことができます。

タープの設営

雨天にタープを設営する時気をつけたいのが、雨水をしっかりと流れるように角度を付けること。張り方を間違えると雨水が溜まって重さでタープが倒れたり、ポールが折れてしまいます。雨あしが強くなってきたらこまめにタープ周りの確認をしましょう。

雨具の用意はしっかりと

雨天時のキャンプにはレインコートやポンチョなどを用意しましょう。両手が自由に使えるのでとても便利ですし服が濡れることもありません。合わせてレインブーツなどの用意があると完璧ですね。水はけのよいサイトばかりではありませんし、足元を気にせずに行動できます。

雷の怖さを知ろう

59edfa94a32033e7151da42820e4d656_s

キャンプで一番怖いのが雷です。遠くで鳴っているから大丈夫と軽く考えないでください。雷の音が聞こえたら十分注意をしてテントやタープに避難するのではなく必ず車に非難をして様子を見て下さい。危険を感じる雷の場合はキャンプ場内の管理棟に避難するかその場を速やかに離れて下さい。

雨でもキャンプを楽しめます

キャンプの予定を立てたら誰でも晴れを願いますよね。私も長年キャンプをしていますが、キャンプを始めたころは悪天候に泣かされたことが多々ありました。でも、雨キャンプを経験することで天候関係なくキャンプが楽しめるようになりました。
山、川付近のキャンプ場は天候に左右されるので十分注意をしてキャンプを楽しんでください。

Pocket
LINEで送る

hiroko
キャンプをこよなく愛する主婦。冬キャンプが大好きで、朝から晩まで薪ストーブを楽しんだり、焚き火を楽しんでいます。できればキャンプをメインに生活をしたいと考えているキャンプバカ。
コメントリンク
トップへ