【雨対策の必需品】キャンプ中に突然の雨!便利なアイテム3選!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプ中に突然雨が降ってきてしまい、物が濡れて困った経験はありませんか?そんなときに活用できる便利なアイテムが3つあります。この3つのアイテムがあると、雨の中でもキャンプを楽しむことができますので、ご紹介していきたいと思います。

作業するのに便利なレインウェア

043d82384f8c3770402a1f3206182298_s
まず一つ目が、雨が降っている中濡れずに行動できるレインウェアです。レインウェアにも種類があって、上下で分かれているスーツタイプとポンチョタイプがあります。スーツタイプの方が動きやすいですが、着る手間がかかります。それに比べてポンチョタイプは、すぽっと被るタイプなのですぐに着ることができますよ。

ただポンチョタイプは、長くてもひざ丈くらいなので、足元が濡れてしまう可能性があります。短い時間の作業であればポンチョタイプでも大丈夫ですが、長い時間作業するのであれば、スーツタイプがおすすめです。

炭の保護やタープにもなるブルーシート

9907d17c8b4ff83d29718291e51ec73b_s
炭や薪など、濡れてはいけないものがあると思います。そんなときブルーシートがあれば、雨の侵入を防ぐことができますよ。

炭や薪などは濡れてしまうと、再び使用するまでに、とても時間がかかってしまいます。なので雨が降ってきたら炭や薪は濡れないように上からブルーシートをかけて対策しましょう。

ブルーシートは、タープ代わりにもなりますので、万が一、タープを忘れてしまってもブルーシートがあれば大丈夫です。雨が降った時の雨除けスペースを作ることもできますし、雨が降っていなくても、タープとして日差し除けにも活用することができます。

濡れたシートをしまえる大きめの袋

52799e0eec1dca0657afe2d27042e34b_s
テントなど濡れたものをしまう袋を用意しましょう。袋がないと、濡れたテントをそのままザックなどに入れなくてはいけません。大きめの袋があれば、ザックの中を濡らすことなく、テントはもちろんグランドシートや濡れたアイテムを入れることができますよ。

大きめの袋を使用しないときは、ゴミ袋としても使用することができます。なので大きめの袋を持って行き、雨が降ったら濡れたものを入れ、雨が降らなければゴミ袋として使用しましょう。

おわりに

今回は、突然雨が降っても対処できる便利なアイテム3つをご紹介しました。レインウェアがあれば雨の中行動することができますし、ブルーシートや大きめの袋を持っていくことで、雨関係なく活用することができますよ。3つのアイテムを常備しておくと、突然の雨が降っても慌てずに行動することができます。雨の中でもキャンプを楽しみましょう!

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ