燃料から考えるランタン選び!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

月や綺麗な星空を眺めながら皆んなと語らう夜キャンプはサイコー!
そんなサイコーな夜の雰囲気を一段とよくするものがランタンではないでしょうか。

よしっ!ランタンを買おう!
しかし、どんなランタンを買えばいいの?

今回は燃料から考えるランタン選びをご紹介します。

目次

ガソリンランタン

ガスランタン

灯油ランタン

LEDランタン

ガソリンランタン

ランタンの定番!
特徴としては、大光量で暖かな灯りを放ちます。
マントル(電球でいうフィレメントの役割をする合成繊維)の空焼きという下準備とポンピングという処理が必要になります。
この手間がかかるかんじを可愛いやつだと感じるか、面倒だと感じるか!?あなたはどっち!?

ガスランタン

ガソリンランタンと並ぶ定番のひとつ。
こちらもマントルの空焼きが必要ですがポンピングが必要ありません。
寒冷地で使えない事とガソリンに比べて燃料コストが高くなります。

灯油ランタン

なんといっても灯油ランタンの特徴は、最高のコストパフォーマンス!
ただし、灯油の匂いが苦手だという方もいるので注意してください。

LEDランタン

ランタン界のルーキー!
特徴としては、少ない電力で長時間つかえること。
また、面倒な下準備もいらず、テントの中など火を使えない場所でも使用可能なため便利です。
しかし、無機質な光と、手間がかからず楽しみが足りないという方もいます。

上記に加えて、すでに持っている道具と合わせて考えるのもいいかと思います。
(ツーバーナーはガスだから同じガスランタンにするなど)

これを踏まえて自分に合うランタンをえらんでみてください。

Pocket
LINEで送る

アウトドアハッカー編集部
アウトドアハッカー編集部です。アウトドアやキャンプをやりたい!と思っていただけるような記事を作っていきます。Facebookにて更新をお知らせしておりますので、ぜひ「いいね!」を押してください! https://www.facebook.com/outdoorhacker.page
コメントリンク
トップへ