【灯油ランタンのすべてがわかる】種類・燃料・ブランドまとめ

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

暖かな灯油ランタンの明かりは、静かなキャンプサイトの夜をお洒落にしてくれます。揺らめく炎で癒してくれるランタンですが、お手入れも簡単で扱いやすくキャンパーにも人気のあるアイテムです。そんな石油ランタンの魅力をたっぷりご紹介します。

灯油ランタンの種類

灯油ランタンには種類が2つあります。それぞれ魅力が違いますのでご紹介しますね。

フュアーハンド式

一般にハリケーンランタンと言われ編み上げの平芯を使い、毛細管現象を利用したとてもシンプルな仕組みです。空気は本体上部から取り込まれ、フレームを通ることで燃焼します。平芯の幅は12mmが一般的ですが、ランタンの大きさで15mmや21mmの平芯を使います。構造はとても単純ですが、炎の安定性や燃焼効率がとてもいいです。タンクの大きさにもよりますが、10~20時間の点灯、中には27~75時間ほど連続点灯可能なものもあります。6~12wほどの明るさなので、サイト全体を明るく照らすことはできませんが、暖かみあるオレンジの炎はテーブルランタンやサイトの演出として使うのがおすすめ

IMG_3617

圧力式

ポンプを使って圧力をかけることで気化させ、燃焼させるタイプのランタン。圧力式ランタンは「マントル」と呼ばれる袋状の繊維を炭化させて使います。圧力で気化させた燃料がマントルで熱せられて明るくなる仕組みなので、圧力が下がってくると暗くなります。その場合は再度加圧が必要になりますが、頻繁に圧力をかける必要はありません。また、加圧された燃料が気化している時のゴーッと音がしますが、サイト全体を照らせるだけの明るさがあるので、設置する場所を選べは音は軽減できると思います。炭化したマントルはとても壊れやすいので、取り扱いには十分注意してください。

c6321a013fd735f1ef27fa4d06c6532b_m

燃料の種類

灯油

家庭で使用するストーブの灯油と同じものです。ランタンは長い時間使用するアイテムなのでやっぱりランニングコストを考えると有難いですよね。

パラフィン系

灯油のような匂いがないのが特徴。テーブルの上に置くランタンに使うのには持ってこいです。しかし、灯油を精製して作っているので若干割高ですが、ボトル販売がされているので扱いやすいです。中には、蚊が苦手としているハーブが入っているのもあるので、夏の時期に使うのも有効ですね。

魅力的なランタンブランド

フュアーハンド式

FEUERHAND

1902年、今から115年も前にドイツで特許を取得して生産を開始しました。高級感がありながらコンパクトで扱いやすいFEUERHANDのランタンは、信頼も厚く一つは持っておきたい逸品です。

DIETZ

1840年に設立されたハリケーンランタンの元祖がDIETZです。リーズナブルな価格帯、初心者が扱いやすいサイズから、大型のものまでバリエーションが多いのもDIETZが長きに渡り愛されている理由です。

GUILLOUARD

1911年にフランス西部で創業されました。「長く使ってもらいたい」をコンセプトに細部までこだわった作りをしてきたGOILLOUARD。厚みのある真鍮素材を使用ことにより重量感があり、年月をかけて育てていきたくなるランタンです。

圧力式

PETOROMAX

1910年にドイツで創業されたPETOROMAX。創業以来ほぼモデルチェンジなしでランタンが作られています。その確かな作りは長く愛されている理由なのかもしれません。

VAPALUX

1897年イギリスで会社を設立、1938年にVAPALUXが生まれました。現在でも軍用に使われていて40年以上もモデルチェンジをせず、伝統を守っています。

現在、製造は韓国で行っていますが、細かなパーツでの構成は今なを変わっていません。

揺らめく炎は癒しの空間

キャンプの夜の楽しみは仲間との語らい、家族団らんなど人との距離が近くなる気がします。そこに優しい光を放ってくれるのがランタンです。会話がなくなっても揺らめく炎を見ているだけで時間を共有している安心感があるんですよね。1つ購入するともう1つ欲しくなりサイトはランタンだらけになっているという話もよく聞きます。好みのランタンを見つけて癒しの時間を楽しんでください。

Pocket
LINEで送る

hiroko
キャンプをこよなく愛する主婦。冬キャンプが大好きで、朝から晩まで薪ストーブを楽しんだり、焚き火を楽しんでいます。できればキャンプをメインに生活をしたいと考えているキャンプバカ。
コメントリンク
トップへ