虫よけ機能をもったシェードがある!風にも強いコールマンシェード!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

この記事では、コールマンが発売している虫よけ機能付のシェードをご紹介します。アウトドアをするときに気になるのが、「虫」ですよね。「シェード内で休んでいたら、虫が入ってきて気になる」「シェード内に入ってきた虫に刺されて、痒くてアウトドアを楽しむどころではなかった」といった経験はありませんか?今回は、できれば虫を寄せ付けたくない!という人におすすめのシェードをご紹介します。シェードって何?という人のために、シェードとテントの違いについても触れていきます。

シェードって何?テントと何が違う?

無題11
まずはじめに、シェードとテントの違いを解説します。

テントはみなさんがご存知の通り、アウトドアキャンプのときに宿泊する場所、くつろぐ場所を確保するためにテントを使用しますよね。「シェード」というのは、より組み立てやすさを追求しているもので、日陰をつくったり、くつろぐ場所を確保したりするアイテムです。

無題4
こちらのような形が一般的にシェードといわれています。BBQをするときにこういったシェードは使われますね。その他にも、イベントのブースなどで、使われているのを見たことがあるのではないでしょうか。

シェードの中にはテントの形に似ているシェードもあり、今回ご紹介するコールマンのシェードもこのタイプです。そのため、パッと見は「あれ?これテントじゃないの?」っと思ってしまいます。

ではこのようなテントの形に似ているシェードは、テントとどのような点が異なるのか、疑問になりますよね。異なる大きな点は耐水性など機能面に違いがあります。

テントの場合は雨が降ってきても、テント内に水が入ってこないように防水加工が施されておりますので、耐水圧が大体2000mm以上のものが多いです。(※とても安いテントの場合は、耐水圧2000mm以下もあります。)これは、テント泊している最中に、大雨が降ってきてもテント内への浸水を防ぐことができるのです。

しかしシェードの場合は、シェード内に宿泊することを想定していないので、一応は防水加工はされているのですか、耐水圧はテントほど高くなく、耐水圧500~1000mmがほとんどです。(※傘の耐水圧が約250~500mmなので、傘と同じくらいと考えて良いでしょう。)そのため、悪天候のときに使用すると、浸水する可能性があります。ではどういったシチュエーションで使うのかというと、日帰りピクニックや海へ遊びに行くなど、ライトアウトドアのときに使われることが多いのです。

キャンプなど宿泊を目的とする場合は「テント」、BBQなどのときに日陰を作ったり、日帰りピクニックでくつろぐスペースに向いているのが「シェード」と考えて良いでしょう。

ILスクリーンIGシェード(タイダイ)


コールマンから発売している「ILスクリーンIGシェード(タイダイ)」についてご紹介します。

ILスクリーンIGシェード(タイダイ)は、他のシェードにはない虫よけ機能がついているシェードなんですよ。では、どんなふうに虫よけ機能がついているのかというと、Olytec®メッシュという虫よけの有効成分が入っているメッシュ素材を採用しているのです。

Olytec®メッシュは、ニオイもせず、有効成分が空気中に漂うこともありませんし、人間や動物に優しい安心設計になっているのが特徴です。シェードに出入りするときでも、有効成分が働きかけるので、虫が入りにくくなります。結果、シェード内で虫に悩まされることが少なくなるのです。

しかもこのILスクリーンIGシェード(タイダイ)には、他のシェードに比べて、風に強いという特徴があります。他のシェードであれば風に弱いのですが、このILスクリーンIGシェード(タイダイ)はペグを打つことができる設計になっているので、風が強い日でも飛ばされることがなく安心できますよ。

基本スペック

では、ILスクリーンIGシェード(タイダイ)の基本スペックをご紹介します。
●耐水圧:約500mm(フロア:1,500mm)
●定員:3~4人
●使用時サイズ:約210×180×120(h)cm
●収納時サイズ:約φ15×60cm
●重量:約3kg
●材質:シェードスキン/68Dポリエステルタフタ(UVPRO、PU防水) フロアシート/ポリエチレン ポール/FRP 約φ9.5mm
●仕様:Olytec®メッシュ
●付属品:砂袋、ペグ、収納ケース

引用:コールマン公式HP「ILスクリーンIGシェード(タイダイ)」

耐水圧を見てみると、テントとは異なり傘と同じ耐水圧になっています。耐水圧約500mmというのは、小雨程度の雨であればしのげるくらいの数字です。そのため、大雨や豪雨の場合は、水が染み込んできてしまう可能性がありますので、使うときは雨が降らない日に使うようにしましょう。

フロア部分は1500mmとなっていますので、例えば雨が降っていなくて、浅い水たまりや湿った場所であれば、床から水が侵入してくることを防げます。自らそのような場所にシェードを設営することはないと思いますが、水たまりや湿っている場所しか設営できない状態のときでも、安心して設営ができるということですよ。

しかもフルオープン・フルクローズができるので、天候や気温に合わせて使い分けすることができます!

定員は3~4名なので、少人数のグループで使ったり、ご家族で使うサイズにピッタリです。4名を超える人数になると、窮屈になってしまいますので、その場合はさらにもう一つシェードを用意したり、テントを代用したりしましょう。

収納時サイズもテントくらいのサイズ、そして重さが約3kgです。長い時間持ち運ぶとなると、さすがに疲れてしまうかもしれませんが、車に積む場合であれば問題ありません。

シェードを設営するときに、海など砂浜で設営することがあるかもしれないですよね。そのときにペグが打てない地面だったら、風がふいたときにシェードが飛んでしまう可能性があります。しかしこのILスクリーンIGシェード(タイダイ)の付属品には、砂袋が付いていますので、ペグを打てない砂浜の地面などのときに、砂袋に砂を入れて重りとして活用できるのです。ペグが打てなくても砂袋を活用することで、強い風でもシェードが吹き飛ばされることがなくなり、安心できます!

シェードでキャンプはできるのか?

nature-2576034_1920
テントと同じような形のILスクリーンIGシェード(タイダイ)ですが、「テントと似ている形ならキャンプできるんじゃないの?」と思う人もいるでしょう。条件はありますがシェードでキャンプをすることは可能です。しかし、テントのように悪天候を想定して製造されていませんので、雨が降ってきたときなどは、テント内が浸水してしまう最悪な状況になってしまう可能性があります。

実際にシェードでキャンプを行なっている人は、暖かい季節のときにシェードをテント代わりにしている人がいます。そういう人はキャンプ当日の天気をチェックして、「雨が降らない!」と思った日にしかテントとして代用していません。

シェードをテント代わりにできる条件は、「暖かい季節」「雨が降らない」ことですね。寒い季節に使用したり、天気予報が雨のときはシェードをテント代わりに使用するのは控えましょう。

天気予報など見ても、「絶対に雨が降らない!」という保証はありませんので、少しでも「雨が降るかも・・・」と不安になる人は、シェードではなくテントを使うようにした方が良いでしょう。テントに似ている形のシェードは、デイキャンプ(日帰り)やピクニック、など宿泊を伴わないときに使用することをおすすめします。

おわりに

シェードといってもさまざまな形があって、中にはテントと似ている形もあります。テントと似ている形のシェードとテントの違いは、日陰を作りくつろぐスペースを確保するのが目的の「シェード」、宿泊を目的としているのが「テント」という目的に違いがあります。

コールマンから発売している「ILスクリーンIGシェード(タイダイ)」は、Olytec®メッシュという素材を採用しているため、虫よけ機能をもっています。人間にも動物にも優しい有効成分を使用しているメッシュ素材なので、使用していて身体に悪いということはありませんし、空気中に有効成分が漂うこともありません。子どもがいるご家庭なら、使われている成分って気になりますよね。使用していて、身体に害がないということがこのシェードのポイントです。

「アウトドアは好きだけど、虫が本当に苦手!」「なるべく虫をシェードから遠ざけたい!」という人は、虫よけ機能を持っているのシェードを検討してみてはいかがでしょうか。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ