飯ごうの炊き方!時間や水量・おいしく作るコツを解説

5 5
(評価数:1件)
Pocket
LINEで送る

皆さん、キャンプで飯ごう炊飯をしたことはありますか? 最近は使わない方も増えていますが、実は一番ラクに・おいしくお米を炊けるキャンプ道具なんです。

炊き方にはコツがいりますが、せっかくのキャンプ、飯ごうでいつもと違ったお米の味を楽しんでみませんか?

飯ごうの正しい炊き方

今回は2合のお米を炊くケースで説明します。2合は定食屋さんの小さなお茶碗・3〜4杯分くらいの量に相当します。下の画像で4杯分くらいのイメージです。

お米2合の目安量

飯ごうの炊き方の流れは、大きく下のようになります。

1. 飯ごうの中蓋で分量を計る
2. お米1合あたり200グラムの水を入れる
3. 30分ほどお米を水に浸す
4. 火をつけて、飯ごうを炊く
5. 火から離してもすぐに蓋は取らず、10〜15分ほど蒸らす

それぞれ解説していきます。

炊き方1. 飯ごうの中蓋で分量を計る

飯ごうの蓋や本体は計量カップとしても使えます。目安、外蓋いっぱいで3合、中蓋なら2合、本体なら約1升1合(約2リットル)が計れます

外蓋3合(約0.5リットル)
中蓋2合(約0.3リットル)
本体1升1合(約2リットル) ※1升=10合

4合なら中蓋すり切り2杯分のお米を準備しましょう。

もし1合を炊きたい場合は、一度お米を外蓋(3合分)に入れ、中蓋に移す(2合分)ことで、差し引きで外蓋に余ったお米が1合分になります。

ちなみに、お米はといでから飯ごうに入れても、飯ごうの中でといでも、どちらでも大丈夫です。

ただしとぎ汁のまま炊かないように注意してください(とぎ汁は必ず捨ててください)。とぐのが面倒な方は無洗米を準備しましょう。

炊き方2. お米1合あたり200グラムの水を入れる

お米を飯ごうの中に入れたら、そこへ水を注ぎます。水の量は、お米1合あたり200グラムが適量です。

いちいち計量カップで計る必要はありません。飯盒の本体の内側には、水を注ぐ目安となる2本の線が引かれています。上の線が4合炊きの、下の線が2合炊きの目安量です。この線まで水を入れましょう。

線が無いタイプの場合は、人差し指を入れて第一関節くらいの高さまで水を入れましょう。だいたい2合炊きに必要な水の量になります。

炊き方3. 30分ほどお米を水に浸す

おいしい炊き方のポイントは、水を入れたらしばらくお米を浸すこと。夏は30分、冬は60分が目安です

しっかりお米を浸すことでお米に芯が残らなくなり、ふっくらおいしいごはんが炊きあがります。
不十分だと、お米が固いままでおいしくありません。

時間がない場合は、水を多めに入れて炊きましょう。その場合浸すのは15〜20分くらいでも経験上問題ありません。
また、気圧が高い場所で炊く場合、水は平地より低温で沸騰するので、水を気持ち多めに入れておきましょう。(キャンプならではですね)

炊き方4. 火をつけて、飯ごうを炊く

お米を浸水させている間に、火をつけておきましょう。ポイントは、

1. 最初は弱火にかける
2. 吹きこぼれてきたら強火にかける
3. 吹きこぼれが落ち着いてきたら弱火にする。この時、あわてて蓋を取らないこと
4. かすかに焦げるような匂いと「チリチリ」という音がしてきたら、火から離す

です。

火加減は、飯ごうと炎の間の距離を調整して行います。目安は以下の通りです。
・弱火:飯ごうの底に炎の先端が触れる程度
・強火:飯ごう全体が炎に包まれる程度

火力が落ちてきたら、薪をくべるなどして火の強さを維持してください。

もし強火に変えたあと、吹きこぼれて蓋が取れてしまいそうなら、上に石などを乗せて重しにしましょう。
その後、焦げるような匂いと「チリチリ」という音がしてきたら火から離します。

炊き方5. 火から離してもすぐに蓋は取らず、10〜15分ほど蒸らす

火から離した後、すぐに蓋を開けないで、しっかり蒸らしましょう。蒸らしが不十分だとお米の芯が残るので、固いごはんになってしまいます。

また焦げるような匂いがしてきた後、少し待って火から降ろすと、多少おこげがつきます。「普通のごはんじゃ物足りない!」という方は、ぜひ試してみてください(焦がさないよう、くれぐれもご注意を!)

出来上がりまでは、季節によって変わりますが1〜2時間ほどです。

おすすめの飯ごう

軽くて丈夫な、お鍋としても使えるロゴスの兵式ハンゴウ。4合炊き対応だから大きさも十分です。特にこだわりがなければ、初心者にはこちらがおすすめ。

同じくロゴスの飯ごう。上の飯ごうが湾曲しているのに対し、こちらは円柱形。5合も炊けるのに縦18センチ×横17センチと、とてもコンパクトです。

飯ごうの正しい炊き方、いかがでしたか? 最初はうまくいかないかもしれませんが、慣れると簡単ですし、何より楽しいですよ。

飯ごうはお米を炊く以外にも、レトルトパックを温めたり麺をゆでたり、鍋替わりにもなったりする便利アイテムです。いろいろな用途に使えて重宝するので、ぜひ挑戦してみてください!

Pocket
LINEで送る

2 件の口コミ

  • 名無しの権兵衛さん [返信]

    評価:

    まぁよかった

  • toxicさん [返信]

    評価:

    i一番上に出てきてわかりやすかったです

コメントリンク
トップへ