カラビナとは?種類の違いや登山以外の使い方が知りたい!おしゃれなカラビナをご紹介

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

よく『カラビナ』という言葉をきいたことはありませんか?カラビナというのは登山道具の一つでもありますが、最近ではファッションに取り入れたり、日常的に使うなどさまざまな使い方ができるギアです。そこで今回は、カラビナについて解説し、カラビナの種類の違いや登山以外での使い方、カラビナの中でもおしゃれなカラビナをご紹介します。

カラビナとは「登山道具の一つ」

climb-1366823_1920
カラビナとは、開閉できるパーツがついた金属製のリングのことを言います。主に登山(岩登り)道具として使われており、カラビナを使うことでロープやハーネス、ハーケン、クラインミングチョックなどの支点に素早く確実につなぐことができます。

ロープやハーネス、ハーケン、クライミングチョップというのは、岩登りに使うギアのことをいいます。このギアとカラビナがあることで岩登り中に落ちてしまっても、滑落することを防ぐことができます。

かといって、カラビナは岩登りするためだけのアイテムではありません。最近では、ファッションに取り入れるおしゃれなカラビナも発売されております。登山以外にも活用できる、豊富な種類のカラビナがありますよ!では、カラビナの違いとはどんなことがあるのでしょうか。

カラビナの違いは用途で変わる

climbing-2609319_1920
ポイントとしては、登山道具として使うor日常的に使うです。用途が変われば、カラビナの種類も変わります。そこで登山道具・日常的に使うカラビナの違いについてご紹介します。

登山道具に使うカラビナ

stand-56695_1920
登山道具として使うカラビナというのは、いわば身体をカラビナに預けるということです。強度がしっかりしており、安全に使えるカラビナではないと、登山用には使用することができません。

カラビナの中でも、強度が高く安全基準を満たしているカラビナには、「UIAA(国際山岳連盟の安全基準を満たしている)」「CE(ヨーロッパの安全基準を満たしている)」というマークが入っています。登山用にカラビナを購入するときは、このマークが入っているカラビナを購入することをおすすめします。

「登山用にカラビナが欲しいけどお金がないから、安いカラビナにしよう」なんてことはやめましょう。カラビナの強度が弱ければ弱いほど、万が一のときに、ご自身の命を危険に近づけてしまうことにもなりかねません。

日常的に使うカラビナ

felix-russell-saw-102511
日常的に使うようなカラビナには、安全基準を満たしているというマークが入っていません。そのため日常的に使うことを目的としているカラビナは、キーホルダーと同じ扱いになります。

カラビナ選びに悩んでいる人で、日常的に使う=ファッションに取り入れるor荷物をまとめる。などに使う場合は、ご自身の好きなデザインのカラビナで良いでしょう。バックパックにカラビナを付けてカップをぶら下げたり、家や車のカギをカラビナに付けて管理したりする分には、強度などは気にしなくても良いです。登山やレスキューなど命に関わる使い方以外であれば、好みのデザインのカラビナを選びましょう。

もちろん安全基準を満たしていないカラビナを、登山用には使うのはやめましょう。

カラビナ購入者の中には「生活している上で何が起こるか分からないから、登山用のしっかりと安全基準を満たしたカラビナを買う!」という人もいます。カラビナは登山道具として使われていますが、レスキュー隊などでも使われているギアなのです。そのため、登山用のカラビナを日常的に使い、万が一のときに防災アイテムとして使うのも方法の一つです。

登山以外の使い方は?

jackson-hendry-440574
色々な情報がある中で、「登山以外に使うカラビナの使い方ってどんな使い方があるの?」って思いませんか?そこでここでは、カラビナがあってとても便利だった!という経験を混ぜながらご紹介していきます。

キャンプで活躍

Camping Site HDR
Camping Site HDR / Gamma-Ray Productions

カラビナがキャンプで活躍するの?と疑問に思う人もいるでしょう。実際にカラビナがあったからこそ、キャンプをより快適に過ごすことができました。どんな使い方だったのかというと、ランタンを吊るすときです。

キャンプをしていて日が暮れる時間帯になると、どうしても周りが暗くなり見えにくくなります。ランタンを用意しテーブルに置いても、「明るい場所と暗い場所が均等にならない!」ことありませんか?そんなとき、カラビナを使うことで、問題が解決しますよ。

タープにランタンを吊るすフックがついている場合は、カラビナを使ってランタンを吊るしましょう。フックがついていない場合でも、タープの下にロープを張るといいですよ!より高い所にランタンを吊るすことで、タープ内を明るく灯してくれます。

カギの紛失を防ぐ

IMG_6510
よくカギを落としてしまう・なくしてしまう人はいませんか?必要なカギを全てカラビナにまとめてリュックなどに装着させることで、カギを落としてしまう・なくしてしまうことを解決できますよ。実際に、家の鍵と車のカギをカラビナに付けて、リュックに付けています。このようにしたことから、「あれ?カギどこにいった?」「鍵がない!」ということがほぼなくなりました。

カギをよく紛失してしまう人は、カラビナを使っていつものカバンに装着させると良いですよ!

カップをバックパックにぶら下げる

clem-onojeghuo-177079
カラビナを使ってバックパックにカップをぶら下げると、使うときに探さずともカップを用意することができます。いつもバックパックの中に収納していたのですが、いざ使うときに奥底へ移動していて「どこだっけ?」となる場面が多かったのです。

カラビナはカップ以外にも必要に応じたアイテムを取り付けることができますよ。

カラビナの寿命

kody-dahl-536047
カラビナっていつまで使えるの?と思う人もいるでしょう。登山用のカラビナは、寿命約10年と言われております。これは、きちんとメンテナンスを行った場合です。劣化したカラビナを信頼して使い続けることはできませんよね。そのため、カラビナの状態を見ながら、新しいカラビナを購入することが必要ですよ!

しかし、ファッションや日常的に使うことを目的としている場合は、特に寿命は気にしなくて良いでしょう。実際に5年ほど日常的にカラビナを使っていますが、特に劣化していません。どこまで使えるのかというのは、使い方で変わってきますが、よほど無理な使い方をしなければ5年以上は持つでしょう。あとは、カラビナの耐久性によっても変わってきます。

より長く使いたい!という人は、耐久性に優れているカラビナを購入してみてはいかがでしょうか?

おすすめ!おしゃれなカラビナのご紹介

a-l-117993
数多くあるカラビナの中でも、登山用カラビナや日常向けのおすすめカラビナをご紹介します。

ブラックダイヤモンド:ミニペアラビナ・スクリューゲート


ブラックダイヤモンドから発売しているミニペアラビナ・スクリューゲートは、スタイリッシュなデザインのオールラウンド用のビレイ/ラッペルカラビナです。登山用のカラビナですが、日常的にも使うことができるデザインがポイント。オレンジカラーがアクセントになっており、カバンの中にカラビナを収納していてもオレンジカラーが目に入りやすいので、すぐに見つけることができます。

耐久性も優れており、登山家にも愛用されているミニペアラビナ・スクリューゲート。開閉部分もスムーズにロックできるキーロックゲートなので、変な引っ掛かりを感じないのが特徴です。デザイン性・機能性を求める人におすすめのカラビナですよ!

チャムス:ブービーカラビナ


おしゃれなデザインのカラビナを探している人にはこちらのチャムスから発売されているブービーカラビナがおすすめです。キーホルダーとしてカバンのアクセントに使ったり、パンツのベルト部分に通してアクセントにしたり、使い方はさまざまです。子どもとお揃いにしても可愛いですね!登山用ではないので、あくまでもキーホルダーとして使いましょう。

ブービーカラビナは、イエロー・シルバー・グリーン・ピンク・ゴールドの5色展開しております。ご自身の好きなカラーを選べるのも嬉しいですね。

このカラビナのデザインでもあるチャムスのマスコットキャラクター『ブービーバード』は、ペンギンとよく間違われますが、海に潜れて空も飛べるカツオ鳥という鳥なんですよ!ちなみにブービーの語源は、「ボーボー(スペイン語)=まぬけで可愛い」です。

おわりに

カラビナというのは、登山道具の一つとして使われていました。最近ではファッションに合わせたカラビナもたくさんあります。使う用途でカラビナの種類は変わりますが、キーホルダーのようなカラビナを登山用には使えませんので、注意してくださいね。登山にも使えて、日常的にも使えるスタイリッシュな登山用カラビナと、デザインが可愛くキーホルダーとして使うカラビナをご紹介しました。カラビナを購入する際にはぜひご参考にしてくださいね。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ