【ひと味違うバーベキュー】バーベキューでスイーツづくり

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

炭火で焼き物をするしかない環境でも、甘い物が欲しくなるときはありますよね。ですが、コンビニでアイスなどの甘い物を買うのは日常と変わりません。むしろバーベキューでしか味わえないスイーツを試してみるのはいかがでしょうか?

バーベキュー場で作る焼きリンゴ

アルミで包んだリンゴをBBQの金網で焼いてあげると、皮の色がくすんだホクホクのリンゴが登場します!ご存知の方には説明不要の美味しさ!子どもたちが喜ぶだけではなく、酸味の増したその味に大人も奪い合いになるほどの一品です。
この料理には応用編もあります。芯をくりぬきシナモンをさしたり、使うリンゴを「紅玉」と呼ばれる種類にしてみたり、焼き上がったリンゴの身をほぐしてパンにのせて食べたりといろんなことが出来てしまいます。まだ試したことのない人は是非トライしてみてください。

レシピ

アルミホイルりんごが包める程度
りんご1個
シナモン・レモン汁お好みに合わせて適量

アルミホイルでりんごを包んで…
IMG_0957

20分ほど(火力によりますが、基本的には強めでOKです。)焼くだけ!触って柔らかくなったら完成です!
IMG_0958

赤ワイン+砂糖でちょっと大人の飲み物

スイーツは食べ物だけとは限らなくてもよいのではないでしょうか?最近はコンビニでもお手頃の値段でワインが手に入ります。今回は、キャンプでうれしい、赤ワインを一工夫して飲む方法を紹介します。

金属製のサーモマグやコッヘル(山道具の小さいお鍋)に赤ワインを適量そそいで、あれば砂糖をひとかけら、ないときは柑橘系のジュースも少量加えます。そして、それをバーベキューコンロの淵において置いておきます。
うっすら湯気がでたらコンロからおろし飲んでみてください。火傷には注意ですよ。寒い夜や、海で泳いで冷えた体には、思わず笑顔がこぼれてしまうほどの美味しさです。

最近ではフルーツをたくさんいれた「フルーツグラタン」やキャンドルを利用した「チョコレートフォンデュ」などもバーベキューでできてしまうようです。もちろん、定番中の定番「やきいも」もお忘れなく!

焼き芋のレシピはこちらから↓
超お手軽!空き缶で作る焼き芋レシピ【キャンプレシピ】

Pocket
LINEで送る

輪島潤
北海道に生まれ、海に育てられ。学生時代に知り合った友人によって山も鍛えられ、自然界と温泉に溶け込んでいった。そこで交わった人々と共有した経験と自分の思う所を文章にしています。 かつての自分が経験できた自然が、そのまま残っているとは限りません。せめて文章の中にだけでもその姿が残ること、みんなが意識して保全すること期待しています。いつかどこかで読者と会えたらうれしいです。
コメントリンク
トップへ