超お手軽!空き缶で作る焼き芋レシピ【キャンプレシピ】

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

秋や冬のキャンプ。もしくは夏の時期でも、天候が悪いとどうしても寒い日にあたってしまうことがあります。そういう日は芋煮もおすすめですが、簡単にできる焼き芋もおすすめです!

このレシピのポイントはズバリ手軽なこと!
空き缶とさつまいも、缶切りがあれば、焼き芋でとても大変なイメージのある火加減をあまり気にしなくても作ることができます!

では早速紹介します。

材料 ※2人前

さつまいも 1本 空き缶に入る幅のもの
空き缶2缶

さつまいもは物によっては太いので、缶に入る幅のさつまいもを選ぶようにしてください!

作り方

1.さつまいもは空き缶に入るように2~3等分して切る
2.空き缶のプルタブ側を缶切りで開ける。焼き芋をする際に蓋をするので、完全に切り離さず、繋いだままにしてください。
※切り口で手を切らないように注意してください。軍手を使うと安全です。
IMG_7831

3.空き缶の中にさつまいもを入れ、蓋をする(完全に密封してなくてOKです))。そしてBBQコンロに入れる。
※火が燃え盛っている状態ではなく、ある程度落ち着いている状態(おき火。炭に白い灰がついた時の状態)の時に入れてください。
IMG_9014

また、火が均等に通るよう、空き缶を取り囲むように炭を配置しましょう。
IMG_7833

4.40分ほど待てば完成!

簡単にできる理由⇒「缶が温度をいい具合にしてくれる」

さつまいもは、主成分のでんぷんを糖に分解することで甘くなります。分解するためには、でんぷん分解酵素の働きを強める必要があるのですが、40度~60度が最も活発に働き、それ以上でもそれ以下でもいけません。

BBQコンロの中は500度近い状態ですが、缶で守ってあげることで、絶妙な温度になり、しっかり酵素の働きを強めてくれます。また、直接火が当たっていないので焦げ付きを防いでくれます。
IMG_7898

子どもも大好きな焼き芋。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

Pocket
LINEで送る

アウトドアハッカー編集部
アウトドアハッカー編集部です。アウトドアやキャンプをやりたい!と思っていただけるような記事を作っていきます。Facebookにて更新をお知らせしておりますので、ぜひ「いいね!」を押してください! https://www.facebook.com/outdoorhacker.page
コメントリンク
トップへ