【食べられる雑草ツユクサ】採取方法と簡単レシピ3つをご紹介

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

ツユクサといえば青く可憐な花が印象的な日本古来の野草です。日本全土に自生しており、道端や公園の隅などから、山道脇までいたるところで目にすることができます。そんなツユクサですが、実は美味しく食べられるんです!
今回は、キャンプ場などでもよく目にすることのできるツユクサのレシピをご紹介します。

ツユクサの採取方法

P_20170729_141152
ツユクサは日本全土の公園や道端、田畑のあぜなどで普通に見ることのできる野草です。日本では古くから親しまれており、万葉集や枕草子などにも数多く登場しています。
開花時期は6~9月と長いのですが、若葉を生のままサラダにするのであれば開花前のまだ柔らかい葉を採取するのがベストです。ただ、薬効を期待するのであれば、花が咲いている時が植物の勢いが一番強い時なので、花ごと採取するのがいいでしょう。

ツユクサの調理方法

ツユクサはクセやアクがほとんどなく、どんな調理法でもよく合います。柔らかい葉や茎は生のままサラダにしたり、ゆでておひたしや和え物、煮びたし、炒め物、酢の物、てんぷらなど、一般的な野菜と同じようにいろいろな料理に使うことができます。

花も食べられますので、花はサラダやスープに浮かべたり、デザートに添えたり、つぼみはてんぷらにしたり、見た目にも楽しい料理がいろいろとできますよ。

【ツユクサレシピ1】ツユクサのおひたし

鍋に湯を沸かし、塩を一つまみ入れてさっとゆで、麺つゆをかけただけ。これだけでも立派な一品の出来上がりです。あくはほとんどなく、軽くぬめりがあって本当においしいです。とても雑草で作ったとは思えないおいしさです。

【ツユクサレシピ2】ツユクサの胡麻マヨネーズ和え

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
塩を一つまみ入れた湯を沸かし、さっとゆでて食べやすい大きさに切ったものを、胡麻とマヨネーズ、しょうゆ少々で和えただけです。個人的にはこの食べ方が一番好きかも。

【ツユクサレシピ3】ツユクサの青菜炒め

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ツユクサを使って青菜炒めを作ってみました。

用意するもの

ツユクサ両手にいっぱいくらい
ニンニク1かけ
適量
コショウ少々
鶏がらスープの素少々

1.ツユクサをよく洗い適当な大きさに切ります。
2.ニンニクをみじん切りにして熱したフライパンに油をしき炒めます。
3.ツユクサの葉を入れて炒めます。
4.塩コショウ、鶏がらスープの素、水少々を入れて炒めます。
5.できあがり。

大きくなった葉は炒めると固くなるので、なるべく若い葉を使うといいでしょう。

まとめ

初夏から初秋にかけて青く可憐な花を咲かせるツユクサ。アクやクセもなくおいしく食べられ、しかもどこにでも生えているし、採取できる時期も長いのですから、今まで食べてこなかったのがなんだかとってももったいない気がしてしまいます。

みなさんもぜひ、次回のアウトドアクッキングにはツユクサレシピも取り入れてくださいね。

Pocket
LINEで送る

水原和希
モットーは「人生は毎日がキャンプ!」。だいたい年間の半分以上は海外や日本国内を旅しています。山に行けば山菜や渓流の魚を料理し、海へ行けば岩場の貝や釣れた魚を堪能しています。国内では車中泊が多いですが、海外では列車での国境越えや、駅で段ボールを敷いて野宿することも。基本的には無計画で行き当たりばったりの旅。山菜はいろいろと食べてみた中で、美味しかったものを中心にご紹介します!
コメントリンク
トップへ