キャンプやアウトドアで楽しむ鍋料理!おススメの熱源、必要な道具や材料、レシピまとめ

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

秋冬の寒いキャンプやバーベキュー。栄養バランスがよく、入れる具によって地産地消にもなり、少人数にも大人数にも対応できる鍋料理はいかがでしょうか?アウトドアで鍋をしたい方のために必要な道具や人気鍋の材料、ちょっと変わった鍋のアイデアをご紹介します。

熱源はカセットコンロかバーナー、焚き火+スタンドもおススメ

37f8d54a6d99d019f95ee0b53d72708b_s

まずは、何を熱源にして鍋をするかを決めておきましょう。

カセットコンロ

カセットコンロは簡単に準備できるので初心者向けです。ボンベを忘れずに持って行きましょう。屋外では風が強いこともあるので、風除けがあるとよいでしょう。カセットコンロなら、鍋は土鍋でもステンレスでもアルミでも大丈夫です。片付けもしやすいですね。

焚き火+スタンド

焚き火に鍋を置けるタイプのスタンドや五徳を使って鍋をすることもできます。焚き火で料理というと上級者向けのイメージですが、ぐつぐつ煮るだけの鍋料理なら焚き火調理デビューにもってこいではないでしょうか。焚き火で加熱すると鍋が煤で黒くなってしまうので、ダッチオーブンなどを使うといいですね。

シングルバーナー

カップルや少人数ファミリーなど少人数で小さい鍋を使うならシングルバーナーに鍋を置いてもでも大丈夫。コンパクトだから荷物が少なくて済みます。風除けをどうするか考えておきましょう。

薪ストーブ

冬キャンプで人気の薪ストーブ。防寒と調理の両方を一緒に実現してくれるアイテムです。天板に鍋を乗せてぐつぐつ煮ることができます。ストウブやルクルーゼなどの鋳物鍋を使うと雰囲気も保温性もばっちりです。

炭火+網

バーベキューコンロで火を起こして、網の上に鍋をおいても加熱することはできますが、時間がかかるのと、鍋が黒くなるのが難点です。できたらバーベキューコンロ以外に熱源を持っていったほうが便利ですね。

電気鍋

電源サイトなら、電気グリル鍋を持っていくのもありです。どうしてもテント内で鍋をやりたい場合などにも対応できますね。 意外とキャンプ場でレンタルできたりします。

その他の用意するもの

熱源とお鍋以外に用意したいものは以下の通りです。

・包丁
・まな板
・お玉
・さいばし
・おはし
・おわん(大人数の場合は持参してもらう、または発砲スチロールのおわんを利用しても)
・大き目のお皿(切った具を乗せておく)

人気の鍋レシピ5つ!

定番からちょっと変わった鍋まで、人気の鍋料理をご紹介します。何を用意するかの参考にしてください。市販のつゆや素なども活用して手軽に美味しくいただきましょう。

寄せ鍋


By: Koji Horaguchi

鍋料理のスタンダード、寄せ鍋。鶏肉や魚介類、豆腐、野菜を味付けした煮汁で煮ます。

材料(約4人分)

鶏肉2
白身魚4切れ(タラ、鯛など)
海老4尾
白菜4分の1個
ねぎ2本
にんじん2分の1本
しいたけ4枚
豆腐1丁
★水1リットル
★だしの素小さじ2
★みりん2分の1カップ
★しょうゆ大さじ5

★の材料を合わせて火にかけ、煮えにくいものから鍋に入れていきます。だしは、昆布やかつおぶしなどで自分でとってもいいですし、おでんの素を使っても美味しくしあがります。

キムチ鍋

41504f7b0d453cd290a2e16fa02c4946_s

寒いアウトドアでもぽかぽかと体が芯からあたたまるキムチ鍋はいかがでしょうか。

<材料(約4人分)>

豚ばら肉300g
白菜4分の1個
長ネギ2本
にら1束
豆腐1丁
★キムチの素記載の分量に従う
★水記載の分量に従う

キムチの素やキムチ鍋の素を使って手軽に作りましょう。お好みでキムチを加えたり、じゃがいも、タコなどを入れても美味しいです。

参考:エバラ食品(http://www.ebarafoods.com/recipe/detail/recipe162.php

洋風カレー鍋

de0d20b1875c79ba79b0ee1d55f9bdf1_s

キャンプといえばカレーという方も多いのではないでしょうか。カレーを鍋風にして食べる洋風カレー鍋は子ども達にも人気の鍋です。

材料(約4人分)

鶏もも肉200g
豚薄切り肉200g
しめじ1パック
白菜4分の1
ねぎ1本
にんじん2分の1本
じゃがいも1個
油揚げ1枚
カレールー2分の1箱
★水1200cc
★だしの素大さじ1
★みりん大さじ1
★しょうゆ大さじ1

★の材料を合わせて火にかけて煮立て、カレールーを加えて溶かします。溶けたら煮えにくいものから入れていきます。★の材料を水+めんつゆに変えても美味しく簡単にできます。ウインナーや海老、野菜類などいろいろな具が合うので試してみてください。

白菜と豚バラのミルフィーユ鍋

329ce3b76f411ca551e1fd081f00c79d_s

白菜に豚バラ肉の旨みが移って美味しい鍋。白菜がびっくりするくらいたくさん食べられます。残ったスープで翌朝に雑炊を作ると、寒いキャンプの朝も暖かく過ごせます。

材料(約4人分)

豚バラ肉 薄切り300~400g
白菜2分の1
★水1000cc
★だしの素大さじ2
★しょうゆ大さじ2
★塩少々

白菜は1枚ずつはがして洗ったあと、白菜と豚ばら肉を交互に重ねます。重ねた後で5~6センチの幅に切り、鍋の中に詰めていきます。詰めた後で★の材料を加えて、フタをして煮ます。白菜から水が出るので、水は少なめにして後から調整しても大丈夫です。味が薄い場合はポン酢につけて食べても美味しいですよ。

すき焼き

e71dd1e5d12d186cce5455e7b0d20936_s

キャンプの隠れた人気メニューすき焼き。味付けが濃いのでそんなにいいお肉じゃなくても美味しく食べられます。ダッチオーブンで作るキャンパー多数。材質も大きさや深さもすき焼きにぴったりです。

材料(約4人分)

牛薄切り肉300~400g
長ネギ2本
しらたき1袋
焼き豆腐1丁
しいたけ4個
白菜4分の1
春菊1わ
牛脂適量
4個
★しょうゆ100cc
★みりん100cc
★砂糖大さじ2
★水100cc

熱した鍋に牛脂を溶かしてなじませ、ねぎを焼きます。その後牛肉をさっと焼いてから、混ぜておいた★の材料を加えて煮ます。その後、他の材料を加えます。

盛り上がる鍋パーティアイデア

鍋料理を利用して、何か盛り上がるイベントやサプライズをやりたい!という方のためのアイデアをご紹介します。みんなでワイワイ楽しみましょう!

闇鍋

鍋のイベントの定番といえば「闇鍋」です。それぞれ内緒で持ち寄った具を鍋に入れて暗闇の中で食べます。キャンプではランタンを消せば暗闇を簡単に作れるのがポイント。「火が通っていなくても食べられるもの」「溶けないもの」など、あらかじめ入れてもいいもののルールを決め、火傷などに気をつけて安全に楽しんでください。

おみくじ鍋

2016-12-27_17h22_45
出典:カゴメ(http://www.kagome.co.jp/recipe/detail/A01603.html

闇鍋はちょっと、という方は、フランクフルトの串の先にいろいろな具を差して鍋に入れておく「おみくじ鍋」はいかがでしょうか。うずら卵なら大吉、プチトマトなら中吉、にんじんなら小吉、何も無かったら吉・・・みんなで盛り上がりながら鍋を食べられます。いろいろなアレンジもできそうですね!

大根おろしアート鍋

d217eedf642b5eca2d71bd1437ddc6dc_s

大根おろしを固く絞って鍋の上に形を作る「大根おろしアート」。しろくまのほかにも、スヌーピー、ウィスパー、パンダ、トトロ、アルパカなどいろいろな形を作ることができ、子ども達は大喜びです。もみじおろしにして赤い色を使ったり、青海苔を混ぜて緑色を作ったりする達人も・・・真っ白ならベイマックスもできそうですね!こっそり作ってみんなを驚かせるもよし、みんなで作って楽しむもよしの大根おろしアートで盛り上がりましょう。

いろいろな具が入るから、年代や好みがばらばらでもみんなで一緒に食べられる鍋料理。寒い時期のバーベキューやキャンプで作れば、体の中から温まり、夜もゆっくり眠れます。いつも家では入れないような具や味にチャレンジできるのもアウトドアならでは。みんなでワイワイ楽しんでくださいね。

Pocket
LINEで送る

シバタトモコ
2人の男子の母。キャンプでは調理担当です。設営と火起こしは主人の担当なのでよくわかりません(!)好物は焚き火とビールとお風呂。日帰り温泉が近いかどうかでキャンプ場を選ぶタイプです。神奈川・山梨によく出没します。今は子連れのどたばたキャンプですが、子どもが大きくなったら夫婦でおしゃキャンしたいので情報収集に努めています。
コメントリンク
トップへ