【必見】キャンプでご飯を炊くときに失敗しないコツ!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプでご飯を炊くときに、ベチャベチャになったり、逆に芯が残ってしまうことってありませんか?ご飯を炊くのが失敗してしまったら、気分も下がり気味になりますよね。今回は、ご飯を炊くときに失敗してしまう人向けに、失敗しないご飯の炊き方やトラブル回避の方法をご紹介します。
独自の方法ですので、ご参考にしてくださいね。

ご飯の種類は?

ef2987638c39d0b4a8911a0ee066f650_s
キャンプでご飯を炊くときに、気になるのがお米の種類ですよね。よくキャンプでは、「無洗米が良い!」と聞きますが、洗う手間が省かれるだけなので、私は無洗米を使用しません。普通に家で使っているお米を持っていきます。キャンプ用に無洗米を買うこともできますが、私はいつもの慣れ親しんだお米の方がしっくりきますし、美味しく感じるんですよね。

ご飯の炊き方

db6122346060868e96429d2c9c1011dd_s

用意するもの

クッカー・鍋丁度良い大きさ
バーナー一つ
お米一合(150g)
180ml

※二合以降は、水を二倍にしていきます。(例:お米二合なら水360ml)

まずは、クッカーや鍋を用意します。蓋がガラス蓋のものであれば、中が良く見えるのでおすすめです。そこにお米を入れて洗いましょう。この時、しっかりと水が透明になるまで、神経質に洗う必要はありません。大体お米が綺麗になったな~くらいで大丈夫です。そこに180mlの水を入れて、お米を浸します。1時間ほど浸したら、中火にかけます。中火といっても個人差があるので、不安な人は弱火にしましょう。「はじめチョロチョロ、なかパッパ」という言葉がありますが、私はどちらかというと逆です。

そしてグツグツ沸騰してくるのが分かったら、次は極弱火にします。グツグツという音が聞こえなくなったら、火からおろしましょう。そして蒸らしの時間に入ります。大体15分くらい蒸します。そして完成です!

チェックポイント

428d23bebc3c3a5aae6146e0bdb0fd7c_s
ご飯を炊くときに、「途中で蓋を開けたらダメ」と聞きますが、私は極弱火にした段階で、蓋を開けて味見します。その時に芯が残っていたら、弱火の時間を長くしたり、少し火を強くしたり調節するのです。お米に関して素人ですが、私は毎回このやり方のおかげで、いつも家で食べているご飯と変わらない美味しいご飯を食べられています。味見するときに、長時間開けっ放しにしないように、いかに早く味見をするかがポイントです。

最後にグツグツ聞こえなくなった時にも、味見をします。すっかり芯が無くなったのを確認してから、蒸らすようにしていますよ。ご飯を炊くのが、初めての人はチェックするのをおすすめします。

トラブル発生を回避(独自の方法)

f6b8e18e6ebb66b40ad0694c0f162581_s
いくら同じ方法でやっていても、火加減によってお米の状態は変わってきます。「ご飯の炊き方」を行ってもらえば、失敗することは少なくなりますが、万が一、芯が残ってしまったり、水っぽくてベチャベチャになった場合など、トラブルが起きた場合どうしたらいいのかご紹介します。独自の方法ですので、ご了承ください。

芯がしっかり残ってしまっている場合

最終段階でチェックしたときに、芯が残ってしまった場合。その場合は少し水を足しましょう。加減が大事なので、ペットボトルキャップ1杯分入れて、お米全体を混ぜます。大分芯が残っている場合は、水をさらに足します。そして弱火にかけましょう。芯が残らなくなるまで繰り返します。

水っぽくてベチャベチャの場合

最後のチェック段階で、ベチャベチャになってしまった場合は、蓋を開けてご飯をかき混ぜて、水分を飛ばします。途中で何回かかき混ぜて、全体の水分を飛ばすようにしていきましょう。

おわりに

いかがでしたか?今回は、失敗しないご飯の炊き方と、トラブル回避についてご紹介しました。独自の方法なので賛否両論あると思いますが、私はこのやり方で失敗知らずになっています。私が実際に行っているご飯の炊き方とトラブル回避方法なので、是非ご参考にしてくださいね。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ