【これで大丈夫】キャンプ料理で使える28の調味料リスト!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプで料理を作るときに、どんな調味料があれば良いのか悩んでしまいますよね。そこで今回の記事では、キャンプの時に必ずもって良く調味料と、調味料を選ぶコツをご紹介します。是非ご参考にしてくださいね。

こだわりの調味料リスト28個

IMG_4864
キャンプ中に、「あ!あの調味料あればあの料理が作れるのに!」ということありませんでしたか?私は、キャンプ中の料理には妥協したくないので、調味料の種類にもこだわります。実際に私が持って行ってる調味料がこちらです。

調味料名主な用途
味付け全般的に使います
醤油(密封ボトル)味付け全般的に使います
コチュジャンチゲ鍋、中華風野菜炒めなど
マジックソルト鶏肉のソテー、鮭のソテーなど
胡椒味付け全般的に使います
味ぽん豚しゃぶ、なまこ酢など
甜麺醤甜麺醤炒め、サラダなどにも
中華あじ野菜炒め、チャーハンなど
一味唐辛子お好みの辛さ調節などに
本みりん唐揚げなど
豆板醤チゲ鍋、豚肉となすの豆板醤炒めなど
鶏ガラスープ味付け全般に使います
七味唐辛子豚汁、珍味の味付けなど
麺つゆなすの揚げ浸しなど
わさびチューブローストビーフ、刺身など
コンソメスープ、カレーなど
ラー油餃子、みそ汁など
ごま油炒め物全般、キャベツのおつまみなど
ニンニクチューブ唐揚げ、炒め物、炊き込みご飯など
小麦粉お好み焼き、パンなど
ローズマリーラム肉、パエリアなど
料理酒味付け全般に使います
生姜チューブ唐揚げ、ドレッシングなど
片栗粉麻婆豆腐、ミルクもち、竜田揚げなど
クミンシードカレー、サラダなど
ガラムマサラカレー、炒め物など
柚子こしょうチューブ炒め物、豚肉とキャベツのミルフィーユ鍋など
サラダ油揚物全般、炒め物全般に使います。

たくさんありすぎる!と思う人もいるかもしれませんが、選ぶサイズを小さいものにするととてもコンパクトで、35cmくらいのトートバッグ一つに収まります。私は、このトートバッグに調味料、お皿2種類、コップなどを収納していますよ。実際にこの調味料があると、唐揚げなども簡単に作ることができますし、炊き込みご飯や野菜の揚げびたしを作ったりと料理の幅がかなり広がりました。

百均で揃える!

3014c0c821cf16c353ba2d04da67c6ab_s
私が良く利用しているのが、キャンプに行く前に百均へ行って、不足している調味料を購入します。スーパーなどで購入している方が居ますが、百均の方がサイズの小さく持ち運びに便利で、なにより安い!小麦粉・片栗粉などの粉物を購入するときは、ジップタイプのものを選びます。

ジップタイプではないものだと、きちんと止められていなくて中身が出てしまうことが考えられるからです。ジップタイプのものだと、しっかり閉めることで、中身が出る心配がありませんよ。ただし、わさび・生姜・からしなどのチューブは、スーパーの方が安いときあるので、わさびなどはスーパーで夕飯の買い物と一緒にキャンプ用で購入します。

おわりに

いかがでしたか?今回は、私がキャンプに持っていく調味料の種類や、調味料を選ぶコツなどご紹介しました。一番に頭に入れておくことは、コンパクトで持ち運びに便利なサイズ&しっかりと密封するタイプのものを選ぶことです。物によっては、密封タイプのものがない調味料もあります。そう言ったものは袋で二重三重にして、こぼれても大丈夫な状態にしましょう。キャンプ料理の幅をより広げて、美味しく楽しくキャンプをしてくださいね。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ