【夏の山菜】ウワバミソウの採集方法と簡単レシピ

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

東北地方では「ミズ」と呼ばれ、山菜として流通しているウワバミソウ。アクもクセもなくどんな料理にも合うことから「山菜の王様」とも言われています。5月頃から10月頃まで約半年間もおいしく食べられるため、山では非常に重宝する山菜です。
今回はこのウワバミソウの採集方法とレシピをご紹介します。

ウワバミソウの見つけ方・見分け方

ウワバミソウの別名・方言の「ミズ」は、水辺や湿地帯に自生しているから、また茎に水分をたくさん含み、みずみずしいからというのが名前の由来のようです。その通り、ウワバミソウは山の中の渓流沿いや、山肌・岩肌から常に水がしみ出ているような場所、沢の近くの湿地などに群生しています。日が当たる場所よりは日当たりの悪い深い谷などを好むようです。
そういったウワバミソウが自生していそうな場所を見つけたら周辺を探してみてください。かなりの確率で見つけることができます。また、ウワバミソウは群生していることが多いので、一本見つけたらその周辺に山ほどある可能性があります。

採取方法

ウワバミソウは比較的簡単に見つけることができ、群生しているところを見つければ、1か所で食べきれないほど採取できる場合もありますが、必ずその日に食べる分だけを採取するようにしてください。
また採取の際には根元から1~2㎝を残して、ナイフで切り取るように収穫します。間違っても引っ張って抜いてしまったりしないように!水辺や湿地などの柔らかい土地に自生しているため、引っ張ると簡単に根まで抜けてしまいます。翌年のためにも必ず根は残しておいてください。

ウワバミソウの下処理方法

ウワバミソウはアクもクセもないのでアク抜きは必要ありませんが、下処理が必要です。
1. 葉をすべて取ります。
2. 茎の表面の薄皮をむきます。茎をポキッポキッと折りながらむいていくとむきやすいです。
下処理は以上です。
調理方法によっては熱湯をくぐらせたりサッと塩ゆでして使います。

皮をむいた生のウワバミソウ

皮をむいた生のウワバミソウ

根元の赤みの強い部分は粘り気も強く、生のままたたきにしてもおいしいです。

サッとゆがいたウワバミソウ

サッとゆがいたウワバミソウ

炒め物や煮物、汁の実などにはさっとゆがいたものが使いやすいです。

ウワバミソウのレシピ

一般的には煮物にしたり、豚肉などと一緒に炒めたりすることが多いですが、おひたしや和え物、たたき、漬け物、みそ汁の具など、どんな調理方法でもおいしくいただくことができます。

そんな中で今回は、アウトドアにぴったりの手早く簡単にできる一品をご紹介します。

用意するもの

ウワバミソウその日に食べる分だけ
適量
コショウ少々
しょうがお好みの量

1.下処理をしたウワバミソウを適当な大きさに切り、塩をふっておきます
2.鍋に湯を沸かし、沸騰したらウワバミソウを入れ軽くかき回します。
3.きれいな緑色に変わったらザルに上げ、すぐに冷水で粗熱を取ります。しっかりと冷水で冷やすことで鮮やかな緑色になります。
4.3を器に取り、塩、コショウで味をととのえ、細く切ったしょうがをちらして出来上がり。

たったこれだけの簡単料理ですが、ウワバミソウのさわやかな風味とシャキシャキ感を楽しめる最高の一品です。
また、取り除いた葉はてんぷらにしてもおいしいですよ。近くに自生しているヨモギやユキノシタの葉、オオバコ、ミゾソバなど、いろいろな野草と一緒にてんぷらにしてもいいですね。

Pocket
LINEで送る

水原和希
モットーは「人生は毎日がキャンプ!」。だいたい年間の半分以上は海外や日本国内を旅しています。山に行けば山菜や渓流の魚を料理し、海へ行けば岩場の貝や釣れた魚を堪能しています。国内では車中泊が多いですが、海外では列車での国境越えや、駅で段ボールを敷いて野宿することも。基本的には無計画で行き当たりばったりの旅。山菜はいろいろと食べてみた中で、美味しかったものを中心にご紹介します!
コメントリンク
トップへ