山形・村山風芋煮レシピ【アウトドアレシピ】

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

最近関東でもちらほら見かけるようになった芋煮会。
豚汁のようなもの?里芋を使うんでしょ?というなんとなくのイメージはあると思いますが、
実際にどんなレシピなのか、いくつか紹介したいと思います。

今回は、山形県の村山地方で作られている芋煮レシピです。醤油味ベースで、牛肉を使うのが特徴です。

材料 ※4人前

里芋(土付)

400g

牛バラ

400g(脂身の多い部分含む)

平こんにゃく(白)

1枚

ゴボウ ※太め

0.5本

長ネギ ※太め

1.5本

しめじ

1袋

牛脂(国産)

20g

醤油

100g

めんつゆ

50g

砂糖

20g

日本酒

100g

カレールー(8食分)

0.5箱

うどん(ゆでまたは冷凍)

4玉

調理用水

1,200ml

作り方

下準備

里芋:
一度水洗い。皮を包丁の背などでこそげ取る。大粒のものは一口大にカット(2~3等分)。
ゴボウ:
大きめにささがき。10分程度水にさらす。
平こんにゃく(白):
縦に3等分に切った後、手で半口大にちぎる。
牛バラ:
5cmくらいにカット(既にカット済の場合ほぐしておく)。
しめじ:
いしづきをカットしほぐす。軽く水洗い。
長ネギ:
1cm程度の幅で、大きく斜め切りする。青い部分もすべて使用する。

仕込み風景_山形

調理方法

1.鍋に水を張り、里芋とごぼうを入れ、火にかける(強火)。
2.沸騰後、火を中火に弱めあくをとりながら、更に5分程度煮込む。吹きこぼれ止めに醤油を少々入れる。
3.こんにゃくを入れる。
4.日本酒を豪快に入れる(ほぼ使用予定分を入れる)。
5.砂糖を加える(予定使用分の2/3程度)。
6.里芋が柔らかくなったらしめじを入れる。
7.醤油+めんつゆである程度味付け。
8.箸・トングなどを使い、牛肉を「豪快に」入れる。
9.あくをとる。
10.味を最終調整する(醤油、砂糖) ※“コク”が足りなければ牛脂を入れる。
11.ネギを「豪快に」入れる

s-negi

12.ふたをして5分ほど置く(火からはずして蒸らすと、ネギの香りが鍋全体に広がります)。

s-chouri2

山形・村山風_ラスト差し替え

そして、締めはやっぱり「カレーうどん!」

1.残った汁、具に、カレールーをしっかり溶かす。
2.うどんをほぐして、食べる分だけ鍋に投入する(ほぐす時は流水で行うとぬめりが取れます)。
3.うどんを加えてか再び煮立ってから、1~2分煮込む(火加減は弱火から中火)

山形・村山風_カレーうどん

レシピ・写真情報提供:全日本芋煮会同好会

公式ウェブサイト:http://www.imonikai.jp/
Facebookページ:https://www.facebook.com/imonikai/
また、全日本芋煮会同好会が主催する「芋煮会塾」にて様々な芋煮レシピを伝授しています!

Pocket
LINEで送る

アウトドアハッカー編集部
アウトドアハッカー編集部です。アウトドアやキャンプをやりたい!と思っていただけるような記事を作っていきます。Facebookにて更新をお知らせしておりますので、ぜひ「いいね!」を押してください! https://www.facebook.com/outdoorhacker.page
コメントリンク
トップへ