【バーベキュー初心者向け】炭を継ぎ足すコツ

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

バーベキューの工程で最も大事なものは、炭への着火作業ですが、着火したらそれで終わりではありません。
美味しいバーベキューを楽しむなら、その後の炭の継ぎ足しも重要です!

今回は、炭を継ぎ足すコツを紹介していきます。

継ぎ足すとき炭は「下」に!

初心者の方は、炭を継ぎ足すときについつい今燃えている炭の「上」に新しい炭を追加してしまいがちです。

確かにこの方法でも追加した炭に火はつきます。
しかしすでに燃えている炭の上に新しい炭を置いてしまうと、今燃えている炭の火力を遮ってしまうことになり、網や鉄板にしっかりと火力が伝わらない状態になってしまうのです。

そうなれば火力不足でせっかくの食材も美味しく焼けなくなってしまいます。
炭を継ぎ足すときは、今燃えている炭の「下」に追加していくのがコツです。

燃えている部分に触れさせる!

IMG_0500

炭に着火すると、端の部分から徐々に燃えていきます。
炭を継ぎ足すときには、このすでに燃えている部分に追加する炭をしっかりと接するように設置しましょう。

小さな炭であればある程度時間が経てば全面に火が移っていますが、炭が大きい場合はバーベキュー中盤でも黒い部分が残っていることも珍しくありません。
この火が移っていない黒い部分に新しい炭が接するように設置しても、なかなか火は燃えうつらないので気をつけましょう。

炭の継ぎ足しは早めに!

確かに、早めにやり過ぎると火力が強くなってしまいますが、
炭の継ぎ足しが遅れてしまうと、火力が弱くなってしまって、しばらく待たなければいけません。
しかも場合によっては、着火剤を使ってもう一回着火作業が必要になる。なんてことも…

そのため、炭の継ぎ足しは早め早めを心がけるようにしましょう。

ただし炭の継ぎ足しを早め早めにする場合、最初にもいったように火力が強くなりすぎてしまうことも考えられます。
初心者の方だとこういった失敗も十分おこりえます。

そんな失敗を回避するためにも、バーベキューのときには「スリーゾーンファイア」という炭の設置方法を使うようにしましょう。

この方法は、グリルを3つのエリアに分けて「強火」「中火」「弱火」の3つのゾーンをつくるものです。
具体的にはそれぞれのゾーンに置く炭の量を変えることで火力を調節する方法なのですが、あらかじめこの方法に従って炭を設置しておけば多少火力が強くなってしまっても、食材を中火、弱火ゾーンに避難させれば焦げ付きを防ぐことができます。

スリーゾーンファイアについては、この記事を参考にしてください!
バーベキューの火加減を操るスリーゾーンファイア

今回紹介したコツを実践して、常に火力を最適な状態に保てるように心がけてみてください。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ