【バーベキューの手土産】みんなに喜ばれる手土産決定版!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

気心しれた友人とバーベキュー!いくら友人とのバーベキューだとしても、そこはやはり手土産を持参したいところです。普段親しくしている間柄だからこそ、手土産でみんなに喜んでもらいたいですよね!

そこで、喜んでくれる可能性の高い手土産をまとめました!最初に結論を話しますと、選ぶポイントは2点です。
1.ビール、おつまみ、肉の量、デザートの有無をヒアリングする
2.基本的に自分たちでは買わないような、少量で高価なものを持っていく

以下、手土産の種類別に解説していきます!

その1.高価な肉や、分厚くてボリュームのある肉を持参する。

バーベキューで重要なものといったら食材です。友人にバーベキューに招待される場合は、すでに食材がしっかりと用意されている可能性が非常に高いです。
そのため、「食材を手土産として持っていっても迷惑になるのでは?」と思うかもしれません。確かに、そこら辺のスーパーで売っているような安めのお肉を持っていけば、主催者が大量の肉を購入していた場合、処理に困ってしまいます。

そこで手土産として、少し高価なお肉や、ビジュアル的に映えのある分厚い肉を持っていくと、友人のテンションもあがります。
IMGP6507

その2.メイン以外の食材を持参する。

他にも、チーズを手土産にもっていってチーズフォンデュをしてみたり…。食材が焼けるまでのつなぎのおつまみを買っていくのもいいですね。
ただし、おつまみは買いすぎると消化できなくなってしまうので、事前にヒアリングしてからにしましょう。

その3.飲み物を持参する。

IMG_7616
飲み物を手土産にするなら、比較的男性でも女性でも飲めるワイン、チューハイ、梅酒系がおすすめです。もしくは少し高価な果汁100%のジュースなど。ビールもOKですが、大量に買ってあることがあるので、事前にヒアリングしてからにしましょう。

その4.食後のデザートを手土産にする。

IMG_1917
メインの食材ではなく、食後のデザートを手土産にするのも良いでしょう。

ただし、バーベキューはどうしても肉などのメインの食材を食べ過ぎてしまう傾向にあります。そのため、食後のデザートにドーナッツなどのお腹にたまるものは控えたほうがいいでしょう。お口直しにもなって食べやすいゼリーやアイスなどはおすすめです。

ただし、デザートを食べるまでに溶けてしまったら大変なので、事前にクーラーボックスがあるかどうかを確認しましょう!

まとめ:食材や飲み物を手土産にするときのポイント

・ビールやおつまみ、肉の量とデザートの有無をヒアリングしておく。
・肉や魚などのメイン食材を選ぶなら、少し高級なものを少量!
・メイン以外の食材なら、チーズなどの意外性を重視するかおつまみを選ぶ
・飲み物はワインや果汁100%のジュースがおすすめ!
・デザートは食べやすいゼリーやアイスなど!

相手が喜ぶ顔を思い浮かべて手土産をチョイスしてみてください。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ