【バーベキュー初心者必見】ベストな炭の量の計算方法

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

バーベキューの主役と言えば「お肉」ですが、そんなお肉も「炭」がなければ焼けません。バーベキューの途中で「炭がなくなってお肉が焼けなくなった!」なんてことになったら、参加者をガッカリさせてしまい、とんだ赤っ恥です。

3時間のバーベキューをするには、どのくらいの量が必要なのか? 炭の種類によって持ち時間は違うのか? 値段はどのくらいするのか? 足りなくなったときの対処法は? 炭ひとつとっても、知っておくべきことは盛りだくさん。

そこで今回は、バーベキューの縁の下の力持ちの「炭」について、正しい知識を紹介します。

そもそもどこで売っているのか?

P_20170312_103709_HDR
特別な炭を用意する必要はありません(バーベキュー専用の炭などはありません)。普通の炭で大丈夫です。とはいえ、これまでの人生で「炭」を買ったことがある人のほうが少ないと思います。そのため、どこで売っているのかピンとこない方も多いのではないでしょうか。

バーベキューで使える炭は、以下のようなお店で購入できます。

ホームセンター

S__40026128
ホームセンターのアウトドア、キャンプ、バーベキューのコーナーに行くと、大抵は置いてあります。経験上、庭や花、DIYの近くに売っていることが多い気がします。もしくはシーズンになると、入り口近くで売っていることも多いです。
分からない場合には、店員さんに「炭ってありますか?」と尋ねてみてください。

コンビニ

実はコンビニでも売っています。バーベキュー場の近くにあるコンビニは、炭がなくなって駆けこむ人が多いため、常備していることが多いです(普通の町中のコンビニでは、まず売っていません)。そのため、万が一、途中で炭がなくなったときのために、バーベキュー場の近くのコンビニの場所は事前に調べておくと良いでしょう。

ネット通販

Amazon.co.jp 炭
Amazon.co.jp: 炭
いまの時代、Amazonなどのネット通販で大抵のものは手に入ります。もちろんバーベキュー用の炭も購入可能!
ただ、ネット通販では「どれを選んでいいか分からない」「本当にこれで大丈夫なのか?」といった不安があると思いますが、レビューを見て見極めましょう。(ただ、炭でかなり大外れするということはほとんど無いので、ご安心ください。)

炭は「3.0kgで3時間」が目安

IMG_1220
よくホームセンターなどで売っている炭は、1.0kgで1時間~2時間ほど燃えてくます。また、最初の着火時の組み立てに1.0kg~1.5kgほど使うので、3.0kgの場合は、だいたい3時間ほど燃えてくれる覚えておけば大丈夫です。
※30cm×45cm(だいたい4~5人用)のサイズのコンロの場合。

●着火時に炭を組み立てるって、どういうこと?IMG_2750
着火時は炭を多めに使って組み立てましょう。着火剤から出た火を多くの炭に当てて、効率的に火起こしできます。また、風通しや風の向きを制限することで、着火剤の火種の部分を風から守ることもできますし、火が強くなるために必要な風を効率的に送ることができます。

よって炭の量は、バーベキューの開催時間やコンロの台数に応じて、次のように考えると良いです。

(a)3時間以内のバーベキューを開催する場合
上にある通り、3.0kgあれば問題ありません。

(b)4時間以上のバーベキューを開催する場合
まず、着火時の組み立て用として、1.0kg~1.5kgが必要です。
そして、1.0kgで1~2時間ほど燃えるので、4時間分として4.0kg(1.0kg=1時間で計算)
つまり、合計で6.0kgほど用意しておけば十分です。

(c)コンロを2台、使う場合(8~10人ほどでの開催)
30cm×45cmのコンロは、4~5人用です。ですので、10人くらいの規模で開催する場合には、このサイズのコンロが2台あれば大丈夫です。

(a)にある通り、30cm×45cmサイズのコンロ1台で3時間以内の場合、3.0kgです。ですので、2台なら倍の6.0kgが必要となります。さらに、2台で4時間以上のバーベキューを開催する場合、さらに倍の12.0kgの炭が必要になると考えておきましょう。

まとめると、こんな感じです。

コンロ1台(30cm×45cm|4~5人規模での開催)

・3時間以内の開催→炭の量:3.0kg
・4時間以上の開催→炭の量:6.0kg 

コンロ2台(30cm×45cm×2台|8~10人規模での開催)

・3時間以内の開催→炭の量:6.0kg
・4時間以上の開催→炭の量:12.0kg 

ただし、炭がなくなると悲惨なことになるので、気持ち多めに持っていくと良いです。だいたい3kgほど余分に持っていれば、困ることはまずありません。もし使わなかった場合、同じバーベキュー場にいる方にあげることもできますし、保存も効くので、持ち帰って次のバーベキューに使うこともできます。

余談ですが、炭も種類によっては持ちの時間が違います。例えば、備長炭は3.0kgで6~8時間ほど燃えてくれます。もっとも、そのぶん着火が大変なため、慣れていないと「火が点かない!」といった失敗をしてしまいかねないので注意しましょう。

海岸では炭の減りが早い? スポット別・炭の持ち時間

ただし上の炭の量は、あくまでも目安です。実はバーベキューの開催場所によっては、炭が思った以上に早く減ってしまうということがあります。

海など風の強い場所:3.0kgで2時間もたないことも多い

IMG_1975
海岸など風の強い場所でバーベキューをする場合、風が強いためで酸素がどんどん火に供給されてしまいます。そのため火の勢いがどんどん強くなってしまいます=炭がどんどん減っていってしまいます。
3.0kgで大抵は2時間もちますが、海岸などでバーベキューをやるときは、2時間もたないことも多いので注意しましょう。倍の量は持っていくことをオススメします。

寒い場所や雨の日:炭の消費量が増える

IMG_2749
寒い場所や雨の日の開催の場合、炭のもち時間はそこまで変わりませんが、使う量が増えることが多いです。というのも、寒いので暖を取るために炭を燃やしつづける必要があるからです(参加者からそうした要望が出ることが多いです。)
バーベキューが終わると、普通は火を消してしまいますが、寒い場所や寒い日に開催する場合は、暖を取るための炭を余分に持っておくと良いでしょう。

焼きそばなど、強い火力が必要な料理が多い場合:強火にするため炭の消費量が増える

IMGP6541
焼きそばなど「強火」が必要な料理を多くつくる場合も、炭の消費量が増えます。炭を足し続けて火の勢いを維持しなければならないからです。そのため、焼きそばを多く考えている場合は、炭を余分に持っていきましょう。

途中で炭がなくなった! いざというときの対処法

もし炭がなくなってしまったら?その時は以下の方法で状況を打開しましょう!

1.譲ってくれる人を探す

バーベキュー場やキャンプ場に来ている、ほかのお客さんに声をかけてみましょう。特にバーベキューが終わりかけの場合、炭が中途半端に残っていることも多く、譲ってくれる方が意外といます。

2.コンビニで探す

上にも書きましたが、バーベキュー場やキャンプ場の近くのコンビニは炭を置いてあることが多いです。事前に近くのコンビニを忘れずにチェックしておきましょう。

炭の量については以上です。しっかり準備をして、楽しいバーベキューを!

Pocket
LINEで送る

アウトドアハッカー編集部
アウトドアハッカー編集部です。アウトドアやキャンプをやりたい!と思っていただけるような記事を作っていきます。Facebookにて更新をお知らせしておりますので、ぜひ「いいね!」を押してください! https://www.facebook.com/outdoorhacker.page
コメントリンク
トップへ