【バーベキューで自作着火剤】着火剤を忘れてもOK!牛乳パックやガムテープで火おこしマスター

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

バーベキューの成否を左右するといっても過言ではない火おこし。特に初心者の場合は、着火剤を上手に利用して素早く確実に火おこしを行ないたいところですが、
よりによって市販の着火剤を買い忘れてしまうという事態も…。

新聞紙やダンボールだと、すぐ燃え尽きてしまうので炭に火がつかないし…

今回はそんなときに覚えておくと役立つ、身近にある着火剤の代わりになるものをご紹介しましょう。

着火剤代わりに使える「牛乳パック」「ガムテープ」「松ぼっくり」

市販の着火剤を使うのが最も確実な火おこしの方法ですが、身近なものも着火剤として使うことができます。

牛乳パック

牛乳パックの内側を見たことがありますか?表側と違ってテカテカしていますよね。実はこれ、中見の牛乳が外に漏れださないようにロウ(正しくはパラフィンワックスと呼ばれる、ロウの一種)でコーティングされているのです。

ロウがコーティングされているということは、火がつきやすいということでもあります。まず、牛乳パックをしっかり乾かしてから、牛乳パックそのままの大きさだと使い勝手が悪いので、短冊上に切ってまとめておくと便利です。

img_3462
こんな感じで意外と勢いよく燃えるので注意してください。

※牛乳パックの種類によっては燃えないこともあるようです。

ガムテープ(布製)

布製のガムテープも着火剤の代わりとして使うことができます。粘着部分を外側にして輪の形にすれば、いくつか積み上げることもできます。ただし、比較的すぐ燃え尽きてしまうので、以下のような使い方をする必要があります。
・周りの枯れ木を集めてガムテープでぐるぐる縛る
・ガムテープを大量に使う

また、着火剤は持ってきたけど中々火がつかない…なんて時も、着火剤と着火剤をガムテープで着けることで、より火力を高めることもできます。ガムテープ自体バーべキューの場では何かと重宝するアイテムなので、常に持ち歩きたいものです。

img_3463
ただし、ガムテープの種類によってはとても臭いので、注意してください。

松ぼっくり


By: bohnen

松ぼっくりは油を多く含んでいるため、着火剤として利用することができます。

こんな感じで、長い時間燃え続けてくれます。

着火剤の代わりとして利用できるものを3つ紹介しましたが、着火剤を忘れてしまった場面で最も現実的に使えるものといったら、あれば松ぼっくりがベスト。次に牛乳パック。ほぼ確実に見つかるのはガムテープ(ですが、臭い…)といった順番でしょうか。

火おこしの基本!「着火剤は炭の下へ」

いくら着火剤の代わりとなるものを準備できたからといって、適当に火おこしをしていてはいつまで経っても炭に火をつけることはできません。

火おこしの基本は、「着火剤は炭の下へ」です。多くの初心者の人がとりあえずグリルに炭を投入して、その上に着火剤を置いて火をつけてしまいます。これは間違いです。

なぜなら、火は下から上へ燃え上がり上昇気流によって酸素を取り込む性質があるからです。だから炭の上に着火剤を置いても意味がないんですね。

逆に着火剤を一番下に置き、その上に隙間を開けながら炭を高く積んでいけば、着火剤から燃え上がった火が上昇気流を起こし、炭にも火をつけてくれます。

市販の着火剤を忘れてしまい牛乳パックやガムテープを代わりに使用したとしても、火おこしの基本は変わりません。今回の3つの身近な着火剤の存在を覚えておいて、いざというときに役立ててみてくださいね。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ