大嫌いな「ブヨ」の虫除け対策や対処法、活動時間などをご紹介

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

この記事ではキャンプ場に出没する大嫌いな虫「ブヨ」について、ブヨの活動時間や虫除け対策についてご紹介します。

キャンプのときに虫がイヤ!と言う人も多いのではないでしょうか。中でもブヨに刺されてしまうと(噛まれてしまうと)、キャンプ中ずっと痒くなってしまい、キャンプを楽しむどころではなくなってしまいますよね。そこで今回は、ブヨという虫はどんな虫なのか、虫除け対策や刺されてしまった後の対処法、活動している時間帯や出没しやすい場所など詳しくご紹介するとともに、効果的な虫除け対策をご紹介します。

ブヨって一体どんな虫?

94dc0b8282c4334d5008dde15bd3a50c_s
よく「ブヨに刺されるととてもかゆい!」と言われておりますが、一体どんな虫なのかご存知ですか?

ブヨと言うのは、ハエの仲間でハエよりも小さく、体長は約2~5mmほどです。ハエと異なる点は人の血を吸う吸血昆虫ということ。日本全国に生息していて、水の綺麗な渓流で生息していることがほとんどです。そのため、自然の中にあるキャンプ場に生息していることが多いのです。逆に川など近くに水辺がないキャンプ場の場合は、ほとんど見られることが少ないです。

ブヨは一年を通して山に生息していますが、日中の高い気温の時間帯ではなく、涼しい時間帯に現れることが多いんですよ。また、蚊と同じく吸血する昆虫ではありますが、蚊のように針で刺して吸血するわけではありません。どういう風に吸血するのかと言うと、ブヨがヒトの皮膚を噛んでそこから吸血するのです。

そのため、ブヨに刺されたというよりは、「ブヨに噛まれた」という表現の方が正しいんですよ。

どのくらいの時間人の血を吸血しているのかというと、1~2分程度ととても短い時間なので、噛まれたことに気づかないことがあります。ただ噛まれてから吸血されるので、人によってはチクッと痛みを感じる人もいるんですよ。噛まれた後ですが、すぐに痒みが出るわけではありません。ほとんどの場合、6時間から1日後に痒みが出てきます。中には噛まれた場所を無意識に掻いてしまい、1時間程度でかゆみが出てくることがあります。

噛まれたあとの対処法

74f2691dc38f3f2ca2f86ab6ae8b7f22_s
ブヨに噛まれたことに気がついたら、まずは毒抜きをすることが必要です。傷口からブヨが注入した毒を吸い出すのですが、このときに口で吸うのは絶対にやめましょう。なぜかというと、口の中にキズがある場合、ブヨの毒が体内に入ってしまうことが考えられるからです。

ではどうしたら良いのかと言うと、「ポイズンリムーバー」がオススメです!ポイズンリムーバーは商品名の通り、毒を吸い出すアイテム。噛まれた直後に使うことで、毒が広範囲に浸透する前に吸い出せられることが考えられます。

ポイズンリムーバーはブヨだけではなく、蚊やハチなど様々な昆虫などに対応しているものが多いです。ただ、安いポイズンリムーバーと高いポイズンリムーバーを比べると、肌との密着具合が断然変わりますので、ある程度長く使えることを考えると、高めのしっかりしたポイズンリムーバーを購入することをオススメします。

実際に私も初めは安いポイズンリムーバーを購入したのですが、吸う力が弱かったり、肌に密着しにくかったりしたので、造りがしっかりしているポイズンリムーバーを購入しましたよ。

ブヨの虫除け対策

a6c457fa8cecebb58c95e8f2d2d7cbfd_s
「蚊取り線香を焚いていても、ブヨには効かない!」そう感じる人はいませんか?実際に蚊取り線香を焚いていても、ブヨに効いている・・・?と疑問に思う人も多いでしょう。蚊取り線香以外の虫除け対策というと、ハッカ油がオススメです。自然界にいる虫のほとんどがハッカ油の放つニオイが苦手なので、ハッカ油をつけるだけで虫除け効果に期待が出来ます。

私も春から秋の寒くなる季節までハッカはカバンに常備しています。ブヨはもちろん他の虫が気になるときに、香水を付けるようにハッカ油を体に塗布していますよ。

どのように使っているのかというと、ハッカ油を原液で使っています。ただし、肌が弱い人は原液だと強すぎるので、精製水などで薄めて使用してくださいね!また、ハッカ油の香りが薄くなってきたら、その都度ハッカ油をつけるようにしましょう!

もう一つは、肌の露出をなるべく控えること。暑いときでも我慢ができるのであれば長袖を着ていた方が、ブヨに噛まれることを防止することができますよ。

異変がある場合はすぐに病院へ!

efe65eba52a53f9249a6aa82d9f125fb_s
ブヨに噛まれてから何か異変があるときは、すぐに病院へ行くようにしましょう。中にはブヨの毒に対してアレルギー反応を起こす人もいます。最悪の場合アナフィラキシーショックを引き起こすことも考えられます。異変を感じたらすぐに病院へ行ってくださいね!

また噛まれたあと、腫れたり痒みがずっと続く場合も、一度お医者さんに診てもらった方が良いですよ。

虫に悩まされることなくキャンプを楽しもう!

キャンプ場は自然の中にあるところがほとんどです。虫の問題は必ず出てきてしまいますが、事前に虫除け対策や対処方法が分かっていれば、最後までキャンプを楽しめるでしょう。ハッカ油やポイズンリムーバーを忘れずに持って行くようにしましょう!

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ