スキレットで作る!アウトドアでパリパリ餃子

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプの晩ごはんに困ったら、みんなが大好きな餃子を焼いてみてはいかがでしょうか?パリパリに仕上がるスキレット餃子の焼き方や、アウトドアで作るポイントについてご紹介します。

材料

b6369b5f6f3044f028232fb02565dad5_s

まずは材料です。

餃子の皮20~30枚
豚挽き肉200g
きゃべつ150g
にら1束
にんにく1かけ
しょうが1かけ
☆ごま油小さじ2
☆酒大さじ2
☆醤油小さじ1
☆砂糖小さじ1
☆鶏がらスープの元小さじ2
塩こしょう適量

基本の作り方

IMG_9983
基本の餃子の作り方は以下の通りです。

1.きゃべつとにらを刻んで、塩(分量外)を振っておきます。
2.ひき肉をボールに入れて、塩こしょうを振り、☆を加えて、白っぽくなるまで練ります。
3.1の水気を絞ってから、2に加えて混ぜます
4.30分程度置いて馴染ませます。これで餡のできあがりです。
5.餃子の皮で餡を包みます。
6.スキレットに油をしいて熱します。
7.煙が立ち始めるぐらい熱くなったら、ごま油(分量外)を入れます。
8.餃子の間を少し空けて、スキレットに並べます
9.焼き色がついたら、お湯を餃子の底がつかる程度まで注ぎます。
10.フタをして3~4分程度蒸し焼きにします。
11.フタをとってしばらく焼き、水分が完全に飛んだら、仕上げ用ごま油(分量外)を回し入れます。
12.軽く熱したら火を止めてできあがり。

アウトドアで作るポイント

キャンプなどのアウトドアで作る場合は、自宅で下記を行っておくと、現地での下ごしらえがラクになり、手間を減らすことができます。

・きゃべつとにらは、塩を振って水気をしぼった状態で持っていく
・にんにくとしょうがは刻んでから持っていく
・調味料(ごま油、酒、醤油、砂糖、鶏がらスープの元)は、自宅で分量を量り、合わせ調味料として持っていく

また、調理用のビニール手袋を持っていき、ひき肉を練る際に使用すると、水場が遠い場合でも便利です。

包むのが大変な場合は、ひだを作らない棒餃子スタイルがおすすめ。棒餃子用の四角い皮の中央に長細く餡を乗せて、手前から巻き、左右の端をくっつけて止めます。

食べるときの醤油・酢・ラー油を忘れずに持っていきましょう!

冷凍餃子を使っても

IMG_9981
いろいろなものを作りたいアウトドアごはん。餃子を仕込むのはちょっと大変・・・という場合は、既製品のチルド餃子や冷凍餃子を使ってみましょう。

スキレットなら冷凍餃子も美味しく焼けるのでおすすめです!

ただし、冷凍餃子は焼く前に解凍されてしまうと上手に焼けませんので、保管方法に注意しましょう。

餃子の皮が余ったら


By: yoppy

餃子の皮が余ったら、ぜひ作ってみたいのが「餃子の皮ピザ」です。

餃子の皮にピザソースを塗り、ウインナーやベーコン、ツナ、コーン、ピーマン、玉ねぎなどお好みのものを乗せて、とけるチーズを乗せ、網に乗せて焼きます(フライパンやスキレットでも焼けます)。

小さいサイズなので、お子さんのおやつやおつまみにもぴったりです。

ビールにも、白ご飯にも合う餃子。包むところからみんなで一緒にわいわい楽しんだら、より美味しく食べられそうです。自宅で下準備していけば、思ったより簡単にできあがりますので、試してみてくださいね!

Pocket
LINEで送る

シバタトモコ
2人の男子の母。キャンプでは調理担当です。設営と火起こしは主人の担当なのでよくわかりません(!)好物は焚き火とビールとお風呂。日帰り温泉が近いかどうかでキャンプ場を選ぶタイプです。神奈川・山梨によく出没します。今は子連れのどたばたキャンプですが、子どもが大きくなったら夫婦でおしゃキャンしたいので情報収集に努めています。
コメントリンク
トップへ