キャンプで何か一品欲しいとき!簡単長いもスティック揚げ焼!

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプで何か一品おつまみが欲しい!というときありませんか?そういう時に、ササッとつくることができて、味も抜群ならよりキャンプが楽しくなりますよね。今回は、そのササッと作れてとっても美味しい「簡単長いもスティック揚げ焼」をご紹介したいと思います。是非ご参考にしてくださいね。

簡単長いもスティック揚げ焼

IMG_4378

用意するもの

長いも1/2
小麦粉少量
麺つゆ(2倍濃縮)大さじ2
青のり少々
少量

作り方

①長いもをスティック状に切っていきます。
②長いも全体に小麦粉をまぶしていきましょう。
③フライパンやクッカーに適量の油を入れて、揚げ焼きにしていきます。
④全体に焦げ目がついたら、麺つゆを入れていきます。
⑤全体によく馴染んだら、青のりを入れていきましょう。
⑥お皿にのせて完成!

味が薄い場合は、少し麺つゆを足していくと、味が濃くなりますよ。

キャンプの時におすすめする理由

a25cbe81dc81dba85d44ad0a3e77d699_s

この簡単長いもスティック揚げ焼が、キャンプにおすすめなのかというと、材料を切った後に袋に入れることで、完成するまで手を汚すことなく完成するところです。キャンプの時って結構手が汚れてしまった時、炊事場まで距離があると、少しめんどくさく感じてしまいますよね。ですが材料を切った後に一度手を洗うだけで、その後手が汚れることがありません。このほかにも、手を汚すことなく、料理が完結するものもありますが、とにかく簡単ですぐできる料理がこの「簡単長いもスティック揚げ焼き」です。味も、居酒屋で出てくるような、おつまみ料理なので、おすすめ中のおすすめですよ。

美味しい長いもの選び方

FullSizeRender (1)
長いもを購入するときに、何を見て購入したらいいのか分かりますか?カットされずにそのままの状態と、カットされた場合と二通りの見分け方をご紹介します。

カットされていないもの

長いもの表面を見ましょう。肌色に近くて、ハリ・ツヤがあるものがGOOD!ひげは、もともと少ないものの方がアクが少なくて良いですよ。表面に黒っぽくシミができているものや、傷ついているものは避けた方が良いです。持ってみるとずっしりと重みがあり、太くまっすぐに成長しているものがおすすめ。

カットされているもの

切り口を見てみましょう。切り口がみずみずしいものがおすすめ。そして太くずっしりしているものを選びます。細かったり曲がったりしているものは、アクが強いものが多いんです。カットされていないものと同じように、表面に黒っぽいシミや傷があるものは避けた方が良いですよ。
写真のように、少し黒ずんでいるシミがあるものは、避けた方が良いです!

おわりに

いかがでしたか?今回は、キャンプの時にササッと作れるおつまみに最適の「簡単長いもスティック揚げ」をご紹介しました。キャンプの時に手残った料理も良いですが、簡単に作れるおつまみがあれば、お酒のお供に最適ですよ!是非、試してみてくださいね。

Pocket
LINEで送る

高松未樹
自然をこよなく愛するアウトドア女子。テント泊が大好きで、テントを張れる場所であればどこでもテン泊しちゃいます。ボルダリングもちょいちょいやってます。自然に感謝し、山菜や川魚なども自分で採取しに行き調理。培った経験をもとに、使っているギアや読者様のタメになる情報を発信していきたいと思います。
コメントリンク
トップへ