牛乳パックを燃やして作る!アツアツホットドッグ

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

ボーイスカウトや子ども会の行事などでよく行われている「牛乳パックで作るアツアツホットドッグ」をご存知ですか?カートンドッグと呼ばれるこの料理は、子ども達が自分で調理することができて、楽しいメニューです。ぜひ親子でチャレンジしてみてください。

カートンドッグ 基本の作り方

まずは、基本の作り方をご紹介しましょう。

必要なもの

牛乳パックパンの本数分必要。切り開かずに洗って乾かしておく
アルミホイル二重に包むので少し多めに

材料(4人分)

コッペパン4本
ウインナー4本
千切りキャベツ適量
ケチャップ適量

手順

1.切込みをいれたコッペパンに千切りキャベツとウインナーをはさみます
2.アルミホイルで二重に包みます
3.牛乳パックに入れます
4.下から火をつけます
5.牛乳パックがすべて燃えたらできあがり

アルミホイルを開いて、ケチャップをかけていただきます。マスタードも用意していくとより美味しくなります。

アルミホイルを二重にすることでパンが焦げるのを防いでいます。牛乳パックの火が途中で消えてしまったらもう一度付け直してください。直火OKの場所か、焚き火台、コンロの上などで燃やしてくださいね。

こんな中身も美味しい!アレンジレシピ!

@hiro7272hiroが投稿した写真 -

基本のウインナー以外に、はさむものをいろいろ変えても美味しいですよ!

・ウインナーの上にチーズを乗せて、チーズドッグ
・焼きそばをはさんで、焼きそばパン
・食パンにハムとチーズをはさんで、クロックムッシュ風

手軽なのに、アウトドアでの調理を親子で満喫できるカートンドッグ。スープを添えれば立派な朝ごはんにもなります。こんな「火遊び」なら子ども達にも体験させてあげたいですね!

Pocket
LINEで送る

シバタトモコ
2人の男子の母。キャンプでは調理担当です。設営と火起こしは主人の担当なのでよくわかりません(!)好物は焚き火とビールとお風呂。日帰り温泉が近いかどうかでキャンプ場を選ぶタイプです。神奈川・山梨によく出没します。今は子連れのどたばたキャンプですが、子どもが大きくなったら夫婦でおしゃキャンしたいので情報収集に努めています。
コメントリンク
トップへ