安心・安全!時短にもなる!火を使わない料理

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

キャンプやバーベキューと言えば、火は欠かせないものですが、今回ご紹介するのは、火を使わない料理のレシピです。

火を使わないので、安心・安全ですから、お子さまと一緒に料理をすることだってできます。しかも簡単に時間もかけずにできるので、「ちょっと一品欲しいな」という時にも大活躍のレシピです。

火を使わない料理はこんな時に便利!

キャンプでよくある場面として、「コンロを使いたいのに、全部ふさがっていて使えない…」なんていうこと、ありますよね。
そんな時でも火を使わない料理なら、空いている場所で簡単に作ることが出来ます。
火を使わず安全なので、お子さまと一緒に調理ができるのもうれしいですよね。
また、火気厳禁の公園や丘の上でのピクニックなどでも、その場で簡単に作れるのでとても便利です。

火を使わないレシピ(1) ツナ缶のユッケ風

IMG_4564

用意するもの

ツナ缶1缶
キャベツ葉を1~2枚
卵黄1個
万能ねぎ少々
糸唐辛子少々
*マヨネーズ大さじ2
*ごま油大さじ1
*しょうゆ適量

【作り方】
1.キャベツは千切りにしておきます。
2.*の調味料を混ぜ合わせておきます。
3.千切りにしたキャベツ、汁気を切ったツナ缶、卵黄の順に器に盛り、2の調味料をかけたらできあがり。お好みで、上から小口切りにした万能ねぎと糸唐辛子を散らします。

火を使わないレシピ(2) あられ豆腐

IMG_4504

用意するもの

もめん豆腐一丁
キュウリ1/2本
パプリカ1/4個
トマト1/2個
しょうゆ適量

【作り方】
1.器を用意し、豆腐を食べやすい大きさにちぎって入れます。
2.トマト、キュウリ、パプリカを4mm角くらいに切って豆腐の上に盛り、最後にしょうゆをかけたら完成です。

火を使わないレシピ(3) マグロのタルタル

IMG_4525

用意するもの

バゲット好きなだけ

マグロ(赤身)1さく
パプリカ1/4個
キュウリ1/3本
タマネギ1/4個
*ワインビネガー大さじ1
*オリーブオイル大さじ2
*レモン汁少々
*塩適量
*コショウ適量
あらびき黒コショウ少々

【作り方】
1.*の調味料を混ぜ合わせてドレッシングを作っておきます。
2.パプリカ、キュウリ、タマネギはみじん切りにしておきます。
3.マグロを5mm角くらいに切り、パプリカ、キュウリ、タマネギと合わせ、1のドレッシングで和えます。
4.スライスしたバゲットに乗せ、あらびき黒コショウを散らしたらできあがり。お好みでパセリを乗せるのもオススメです。

火を使わないレシピ(4) キュウリのお漬物ハーブ風味

用意するもの

キュウリ2本
鶏ガラスープ少々(顆粒のもの)
イタリアンハーブミックス少々
少々
ビニール袋1枚

【作り方】
1.キュウリを食べやすい大きさに乱切りにします。
2.キュウリをビニール袋に入れ、鶏ガラスープとハーブミックス、酢を入れ、麺棒でたたきます。
3.3分ほど放置して味をなじませたら、器に盛って完成です。

火を使わないレシピ(5) キュウリとカニカマの三杯酢

用意するもの

キュウリ1本
カニカマ3~4本
ショウガ1かけ
大さじ2
みりん大さじ1程度
しょうゆ小さじ1程度
少々

【作り方】
1.酢にみりんとしょうゆを加え混ぜます。しょうゆの量は味を見ながら少しずつ足していき、お好みで調整してください。
2.キュウリは薄い輪切りにし、ボウルに入れて塩を振って手で混ぜ、10分ほど置きます。水分が出てきたらしぼっておきます。
3.1のボウルに、2のキュウリ、食べやすい大きさに裂いたカニカマ、千切りにしたショウガを入れて混ぜ合わせます。
4.器に盛りつけて出来上がり。お好みでごまやミョウガなどをトッピングしてもいいですね。

火を使わないレシピ(6) オイルサーディンとトマトのサラダ

用意するもの

オイルサーディン1缶
タマネギ1/4個
ミニトマト10個くらい
レモン汁小さじ1
しょうゆ小さじ1
オイルサーディンのオイル小さじ1~2
少々
あらびきコショウ少々

【作り方】
1.ミニトマトはヘタを取って半分に切り、タマネギは薄切りにして水にさらしておきます。
2.レモン汁、しょうゆ、オイルサーディンのオイルを混ぜ合わせ、そこに食べやすい大きさにほぐしたオイルサーディンを入れます。
3.ミニトマトと、しっかり水分を切ったタマネギを加えて混ぜ合わせます。味が足りなければ塩を足して味を整えてください。
4.器に盛り、あらびきコショウを散らして完成です。

まとめ

今回は、キャンプでお子さまと一緒に作ることもできる安心・安全な「火を使わない料理」をご紹介しました。
火を使う料理に比べ、調理時間も短くなるので、余った時間で魚釣りをしたり、昆虫採集をしたりと、遊びの幅も広がります。今年のキャンプではぜひ、火を使わない時短料理に挑戦して、余った時間を有効活用してくださいね。

Pocket
LINEで送る

コメントリンク
トップへ