【海辺のキャンプにおすすめ】絶品!カメノテのみそ汁

0 5
(評価数:0件)
Pocket
LINEで送る

夏はやっぱり海辺のキャンプ!岩場で磯遊び!という方もきっと多いことでしょう。
そんな時に岩場でよく目にする、岩と岩の隙間などにニョキニョキっと群生しているカメノテ。見た目にはかなりグロテスクですが、実はおいしいってご存知でしたか?

今回はそんなカメノテの採取方法とレシピについてご紹介します。

カメノテって?

見た目は貝のようですが、正確に言うと貝ではなくエビとかカニと同じ甲殻類の仲間です。国内の海辺のどこにいっても普通に見ることができ、潮間帯の上の方、引き潮のときには干上がるような場所の岩の割れ目に群生しています。

日本だけではなく東南アジアなどでも食べられており、特にスペインでは「ペルセベス」といって珍重されています。

カメノテの旬は?味は?

1年中見ることのできるカメノテですが、旬は夏です。5~8月くらいがベストと言われていますので、まさにキャンプシーズンど真ん中の味覚と言えます。
エビやカニの仲間というだけあって味もバツグン!エビとカニと貝を合わせたような濃厚なうまみは、一度食べたらやみつきになります。食べる部分は茎のように見える管状の部分。この袋の中にある筋肉状の身を食べます。外の硬い爪状の部分は食べられません。

採取の方法

岩の割れ目などの手が入りにくい場所に群生しています。採取の際には周りのフジツボなどを傷つけないように注意しながら、マイナスドライバーなどで大きいものだけを採取しましょう。茎のように見える部分が食べられる部分なので、なるべくこの部分を残すように根元から採ったほうがいいでしょう。

以前は日本中のどこにでも見られ、地元では普通に食べられてきたものの一般に流通することはなかったのですが、最近ではテレビの影響などもあり、東京築地市場でも売られてたりします。

地域によっては、漁業権がある場所もありますし、カメノテを採って生業にしている漁師さんもいますので、採取の際にはしっかりと確認をしてください。

カメノテの味噌汁の作り方

ではさっそくカメノテを調理してみましょう。

1.採取したカメノテは汚れなどがついていますので水でしっかりと洗ってください。この時に手を切らないように注意してください。
2.鍋に水とカメノテを入れて煮ます。沸騰したお湯に入れるのではなく、必ず水から煮てくださいね。
3.煮立ったら中火~弱火にして5分ほど煮ます。この時、アクが出てきますので丁寧に取り除いてください。
4.火を止めて味噌を溶き入れます。
5.再び火をつけてひと煮立ちさせて完成です。

あの見た目からは想像できないくらいの濃厚でおいしい味噌汁ができます。さらに磯の香りが食欲をそそりますよ。
具のカメノテはだしとして使い、食べずに捨ててしまってもいいのですが、私は最後にこのカメノテの中の身を食べながら一杯やるのが好きです。味噌汁だけじゃなくて酒蒸しやワイン蒸しにしてもおいしいですよ。

海辺でキャンプをした際にはぜひ一度試してみてくださいね。

Pocket
LINEで送る

水原和希
モットーは「人生は毎日がキャンプ!」。だいたい年間の半分以上は海外や日本国内を旅しています。山に行けば山菜や渓流の魚を料理し、海へ行けば岩場の貝や釣れた魚を堪能しています。国内では車中泊が多いですが、海外では列車での国境越えや、駅で段ボールを敷いて野宿することも。基本的には無計画で行き当たりばったりの旅。山菜はいろいろと食べてみた中で、美味しかったものを中心にご紹介します!
コメントリンク
トップへ